ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地トップページ > 組織でさがす > 西部工業技術センター生産技術アカデミー > 第8回産業用ロボット活用高度化研究会を開催しました。 【開催12月12日】

第8回産業用ロボット活用高度化研究会を開催しました。 【開催12月12日】

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年12月20日更新

多数のご出席,ありがとうございました。出席者57名。

講演1講演2ロボットの紹介


広島県産業用ロボット活用高度化研究会 第8回研究会を次のように開催します。
今回は,広島大学ナノデバイス・バイオ融合科学研究所の小出准教授をお招きし,
機械学習に関するシーズ紹介や応用事例として医療分野での事例についてご講演いただきます。
また,他地域の動向として,東京都立産業技術研究センターにおけるロボット事業の取り組みについてご講演いただきます。
ご多忙中とは存じますが,多数ご参加いただきますようご案内申し上げます。

1.日時:平成28年12月12日(月曜日) 14時00分から16時15分

2.場所:ホテルセンチュリー21 広島(広島市南区的場町1-1-25)

3.研究会
  講演(1) 機械学習と転移学習の機能を有するリアルタイム画像認識システムの開発
              ~ 内視鏡診断支援システムへの応用 ~ (14時05分から15時05分)
      広島大学 ナノデバイス・バイオ融合科学研究所 集積システム科学研究部門
      大学院 先端物質科学研究科 半導体集積科学専攻 准教授 小出 哲士 氏
本発表では,機械学習と転移学習の機能を有するリアルタイム画像認識システムの開発について説明します。
また,その適用事例として内視鏡診断支援システムを紹介し,形状が複雑な病巣部を効果的にとらえることが可能であることを示します。

  講演(2) 東京都におけるロボット産業支援の拠点開設と公募型共同研究開発による製品化への取組み (15時15分から16時15分)
      地方独立行政法人 東京都立産業技術研究センター ロボット事業推進部
      ロボット事業化推進グループ長 倉持 昌尚 氏
東京都立産業技術研究センターでは平成27年4月より「ロボット産業活性化事業」を開始し,
全国の中小企業を対象にサービスロボットを活用した事業,サービスの実用化を支援しています。
当所で開発したロボット技術のシーズ紹介と試作機のデモンストレーションを行ない,当事業の活用の提案をいたします。

4.参加費:無料 ※ ただし,研究会(ワークショップ)への参加は,本研究会に入会する必要があります。

入会のご案内はこちらをごらんください

5.主催:広島県立総合技術研究所
     共催:国立研究開発法人産業技術総合研究所 中国センター

【申込方法】 下記にご記入の上,Faxまたはメールによりお申し込みください。
【締切】 平成28年12月7日(水曜日)  (申込多数の場合は先着順とさせて頂きます)
【申込先】 広島県立総合技術研究所 西部工業技術センター
             生産技術アカデミー 技術支援担当
            〒739-0046 東広島市鏡山3-13-26
            Tel 082-420-0537 Fax 082-420-0539
            E-mail sgagijutsuアットpref.hiroshima.lg.jp(送信の際はアットを@に置き換えてください)

Adobe Readerダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

県政ピックアップ