ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地トップページ > 組織でさがす > 西部工業技術センター生産技術アカデミー > 高精度切削加工技術研修開催のお知らせ 【開催11月19,22日】

高精度切削加工技術研修開催のお知らせ 【開催11月19,22日】

印刷用ページを表示する 掲載日:2013年8月30日更新

  このたび広島県では,県内企業の切削加工技術の高度化を図るために,「高精度切削加工技術研修」を開催致します。本研修では,金型などの加工に用いられるエンドミル加工を主な対象として,切削加工の高精度化のために必要となる技術について,実習を交えて解説致します。皆様のご参加をお待ちしております。 

開催日時

平成25年11月19日(火曜日),22日(金曜日) 9時30分~16時

開催場所

広島県立総合技術研究所 西部工業技術センター 生産技術アカデミー
〒739-0046 東広島市鏡山3丁目13-26 (広島テクノプラザ内)

研修内容

 
日程時間形式内容講師
11月19日(火曜日)9時30分から12時座学「切削加工の基礎」 
 切削条件選定の上で考慮する必要がある切削抵抗(切削力),切削温度,工具材質などの基本項目と,工具摩耗の評価方法について解説します。また,これら基本項目と工具損傷の関係について解説し,トラブルを防ぐための切削加工条件設定について考えます。
 
関谷克彦氏
13時から16時座学「エンドミル加工の基礎から最新動向まで」
 切削速度,1刃当りの送り量の求め方といった基礎知識をはじめ,切削条件と工具寿命および加工品位の関係,刃長(突き出し長さ)と切削性能,ねじれ角ならびに刃数の違いに見られる切削特性などを,切削事例や身近な体験事例をもとに解説します。また,エンドミルの最新技術動向についての情報提供を行います。
 
今泉英明氏
11月22日(金曜日)9時30分から16時実習
「エンドミル加工シミュレーションを活用した高精度加工」
広島県で開発したエンドミル加工のシミュレーションソフトを用いて,エンドミルの加工面生成機構について解説します。また,切削力や動剛性を測定し,実際にソフトを使用して加工誤差や表面粗さを計算し,実加工と比較することにより,高精度高品位なボールエンドミル加工を行うための切削条件について検討します。
センター職員

 詳細は開催案内 (PDFファイル)(371KB)をご覧ください。 

受講対象者

広島県内企業などの経営者または従業員

定員

10名 (定員になり次第,締め切らせていただきます)

受講料

11,300 円/人
※納入方法は,受講決定通知とともにお知らせ致します。

その他

出席簿がありますので,印鑑をご持参下さい。

申し込み及び問い合わせ先

別紙の申込書と簡単な履歴書にご記入,ご押印の上,10月18日(金曜日)までに次のあて先に郵送してください。 
なお,申込者多数の場合,先着順とさせていただきますので,ご了承下さい。

〒739-0046 東広島市鏡山3丁目13-26
広島県立総合技術研究所 西部工業技術センター 生産技術アカデミー 担当:西川,菊田
電話:082-420-0537    ファクシミリ:082-420-0539

ご案内資料・申込書

Adobe Readerダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

県政ピックアップ