ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

16 画像処理

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年6月15日更新

各種センサ(イメージセンサや距離画像センサなど)から得られる画像から,
欠陥検出や物体認識を行うためのアルゴリズムの提案・開発を支援しています。

 対応可能な案件

・カメラを用いた異物検査・欠陥検出アルゴリズムの開発

・距離画像センサを用いた物体認識・検出アルゴリズムの開発

・光学系を含む画像処理システムの提案

保有設備 

・イメージ分光システム(分光波長域:400-1000nm)

・高速カメラ(640×480画素,207fps),各種カメラ,距離画像センサなど

・ソフトウェア開発環境,ハードウェア開発環境(Xilinx系FPGA)

・FPGA評価ボード,・ロジックアナライザ

知的財産権

・ 画像処理IP(IRRP-01,IRRP-02,IRRP-03の3タイプ有償提供)

支援事例

・お米の外観品質を判別する装置(穀粒判別器)を開発しました。
 3つのラインセンサと画像処理IPを用いて,装置に組込み可能な小型の判別機能を実現しました。

・プライバシーに配慮した見守りシステム開発を開発しました。
 距離画像センサを用いることで,個人を特定せずに,要介護者の異変を捉えることができました。

・部品の位置/姿勢を計測するアルゴリズムを開発しました。
 これを利用して,バラ積みされた部品を,産業用ロボットでピッキング(掴む)するシステムを構築しました。


穀粒判別機見守りシステム

イメージ分光装置

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。


県政ピックアップ