ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地トップページ > 組織でさがす > 西部工業技術センター生産技術アカデミー > 生産技術アカデミー/地域イノベ設備/光学式動作解析装置(モーションキャプチャ)

生産技術アカデミー/地域イノベ設備/光学式動作解析装置(モーションキャプチャ)

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年4月1日更新

用途
 人間の動作やロボットや機械の動きを3次元座標値として計測する装置。
付属の床反力計と同期計測することで,身体各部関節に掛かる負荷(モーメント)を推定でき,
動作の軌跡や動きの滑らかさ,歩行解析,リハビリ,スポーツ,製品の操作性,身体負担の人間工学検証,
人の動作に付随する製品のねじれ,変位解析などが可能です。

利用料金
 
300円(1時間) 〔職員が代行操作する場合は別途3,700円(1時間)必要〕

メーカ
 
Vicon Motion Systems Ltd.

型式
 Bonita 10 カメラシステム

仕様  
8台+DVカメラ1台

解像度

1M pixel(1024*1024)

フレームレート

250fps

ソフトウェア

Nexus2, Polygon4, BodyBuilder

解析項目

座標値,角度,速度,関節中心点,関節モーメント,骨格表示,軌跡表示など

外観 

動作撮影用カメラ

動作解析画面

動作撮影用カメラ

動作解析画面

適用事例
適用事例


県政ピックアップ