ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地トップページ > 組織でさがす > 西部工業技術センター生産技術アカデミー > 生産技術アカデミー/評価部門設備/サーベイメータ

生産技術アカデミー/評価部門設備/サーベイメータ

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年4月1日更新

工業製品の放射線量測定について

メーカ
 米国Lundlum Measurements,Inc社

形式
 Model 3型サーベイメータ,Model 44-2型シンチレーションγ線検出器

サイズ・重量
 (1)試料は1m×1m×1m,重量30Kg程度まで。
 (2)持ち込みを原則としますが,持ち込めない場合はご相談下さい。

測定単位
 cps単位 及び μSv/h単位

測定条件
 γ線について,立体試料では前後左右上下の6面,板状試料では表裏2面の表面汚染の測定を行います。
 輸出先から測定条件や成績書の書式の指示がある場合,当センターでは対応できない場合があります。あらかじめ具体的な測定方法及び書式について調査の上,予約時にご相談ください。

設備利用料金
 1,000円(1時間) 〔職員が代行操作する場合は別途3,700円(1時間)必要〕

外観
サーベイメータ外観


県政ピックアップ