ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地トップページ > 組織でさがす > 西部工業技術センター生産技術アカデミー > 生産技術アカデミー/評価部門設備/赤外線熱画像装置

生産技術アカデミー/評価部門設備/赤外線熱画像装置

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年4月1日更新

機能
 物体の表面の温度分布を画像として得ることが出来ます。

メーカ
 日本アビオニクス(株)

形式
 TVS-8500 (2001年式)

設備利用料金
 1,400円(1時間) 〔職員が代行操作する場合は別途3,700円(1時間)必要〕

仕様

画素数

256 × 256

温度測定範囲

-40 ~ 2,000 ℃

最小温度分解能

0.025 ℃以下(30℃黒体炉)

フレームタイム

1/120 秒

測定視野角

H:14.6° × V:14.6°
(標準レンズ使用時)

測定距離

30 cm以上

補正機能

放射率/反射率補正,自動室温補正

機能

多点温度計測,アイソサーモ,最高温度表示,表示色選択,
アベレージング,オート/マニュアル温度レンジ切替

映像出力

NTSC

 外観
赤外線熱画像装置外観

使用例
使用例 使用例


県政ピックアップ