ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地トップページ > 組織でさがす > 西部工業技術センター生産技術アカデミー > 生産技術アカデミー/評価部門設備/X線CT検査装置

生産技術アカデミー/評価部門設備/X線CT検査装置

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年4月1日更新

機能
 X線が物体内部を透過する性質を利用して,測定対象となる製品,小物部品を破壊することなく内部構造を観察します。
 鋳造品や樹脂成型品中の引け巣等の3D観察(対応サイズ:140mmφまで)や
  溶接箇所の亀裂やボイドのX線透視(最大厚さ:鉄10mm,アルミ30mm)が可能です。

メーカ
 (株)島津製作所

形式
 MMT-225 (2001年式)

設備利用料金
 8,800円(1時間)(職員操作費用3,700円を含む)

仕様

X線管電圧

30~225 kV

X線管電流

0.01~1.00 mA

最小焦点寸法

4 μm

幾何学的拡大率

約2~100 倍

試料ステージ寸法

φ100 mm

搭載可能ワーク重量

9 kg

イメージインテンシファイア

入力面寸法 φ230 mm

CT処理機能

VR・MPR・コーンCT

外観
X線CT検査装置外観

観察例
測定例
リモコン
測定例
プリント基盤
測定例
水性ボールペン
※セーラー万年筆(株)提供
測定例
時計
測定例
NiCd電池(VR)
測定例
Li電池
測定例
コンデンサー断面(CT)
測定例
センサー(VR)
 

県政ピックアップ