ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地トップページ > 組織でさがす > 西部工業技術センター生産技術アカデミー > 生産技術アカデミー/設計部門設備/プレスシミュレーション

生産技術アカデミー/設計部門設備/プレスシミュレーション

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年4月1日更新

機能
 プレス成形について詳細な解析が可能です。

メーカ
 ESI

形式
 PAM-STAMP 2G

設備利用料金
 5,300円(1時間) (職員操作費用3,700円を含む)

主な利用目的

  • われ・しわ等の成形不良を早期に発見し,現場での金型修正工程を削減する。
  • 成形途中の様子を確認することにより,不良原因を把握する。
  • ブランクホルダーの押え荷重/パンチの成形荷重を算出する。
  • ビードの形状・配置を決定する。
  • パイプ曲げ,液圧成形,スプリングバック等の計算が可能。
  • トリムラインの計算により,ブランクの破材を削減する。

    利用方法

    1. 三次元CADのモデルよりメッシュデータ作成
    2. PAM-STAMPにて成形条件や解析条件を入力・計算
    3. 計算結果をもとに三次元CADモデルを修正

    解析例


  • 県政ピックアップ