ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地トップページ > 組織でさがす > 西部工業技術センター > (公財)JKAの補助事業(競輪)により光ファイバー温度計を導入しました。

(公財)JKAの補助事業(競輪)により光ファイバー温度計を導入しました。

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年2月1日更新

この度,公益財団法人JKAの補助事業(競輪)により,浸漬型光ファイバー温度計を導入しました。企業の皆様の課題解決に活用して参ります。

 装置の概要

本装置(JFEプラントエンジ(株)製/FIMTHERM-H)は,対象物の温度を高速に測定できる機器です。対象物が放射する赤外線や可視光を光ファイバーの先端から放射温度計に取り込む構造となっており,工業分野の温度測定で一般的に使用される熱電対に比べて応答性が速く,溶融した金属が凝固していく場合など,刻々と変化する対象物の温度をリアルタイムに測定できます。また,この度は4基の温度計を導入しましたので,同時に4点計測することが可能です。

光ファイバー温度計

 仕様

検出素子:InGaAs

測定範囲:250~800℃

測定精度:±5℃以下

分 解 能:1℃

サンプリング間隔:0.01秒

応答時間:0.02秒

KEIRIN RING!RING!プロジェクト

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。


県政ピックアップ