ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地トップページ > 組織でさがす > 西部工業技術センター > 平成24年度炭素繊維複合材料技術者研修の開催について

平成24年度炭素繊維複合材料技術者研修の開催について

印刷用ページを表示する 掲載日:2012年12月26日更新

多数のお申込み,ありがとうございました。お陰様で申込定員となりましたので、締切とさせていただきます。

 炭素繊維複合材料(CFRP)の利活用の促進に向け,熱可塑性CFRPの設計と成形に必要となる基礎的知識を習得するための技術研修を開催します。
 座学では,同志社大学理工学部機械システム工学科 教授 藤井透 先生をお招きして,複合材料の設計と成形に関する講義を行います。
 また,成形実習では,CFRPの異方性や成形法を理解することを目的として,金属と曲げ剛性が等価なCFRP積層板を設計し,その仕様に基づいて材料の積層からプレス成形までの一連の工程を体験していただきます。
 これからCFRP部品の設計や成形に取り組むことを検討されている企業の皆様には,その取り掛かりの手順を体験できる絶好の機会です。
 奮ってご参加頂きますようお願い申し上げます。

◆カリキュラム

研修区分

講師

研修内容

日時

(1)成形実習I
  (1日目)

西部工業技術センター
研究員

◎STEEL,AL平板と曲げ剛性が等価な2種類の
 熱可塑性CFRP積層板の設計。
◎積層構成に基づくプリプレグの切り出しと積層。
 Heat&Coldプレスによる平板の成形。
◎CFRPによるものづくり体験(竹トンボの製作)。 
1月10日(木)
 9:30~16:30

(2)座学
  「複合材料の
   設計と成形」
  (2日目)

同志社大学理工学部
機械システム工学科
藤井 透 教授

◎複合材料の特徴や性能を生かすために必要な
設計・成形に関する知識や技術についての講義。

1月11日(金)
9:30~12:00

(3)成形実習II
  (2日目) 

西部工業技術センター
研究員

◎1日目に成形した平板から試験片を作製し,
曲げ試験を実施する。荷重変位曲線からそれぞ
れの平板の曲げ剛性を計算する。

1月11日(金)
13:00~16:30

◆会 場
 広島県立総合技術研究所 西部工業技術センター
 (〒737-0004呉市阿賀南二丁目10-1)
◆対 象
 県内企業又は炭素繊維複合材料利用研究会会員企業(団体)の研究者・技術者
◆定 員
 16名(締切:H24年12月26日(水)申込者多数の場合は調整させていただきます。)
◆受講料
 6,000円
◆申込み方法及び問合せ先
 別紙申込書及び履歴書にご記入の上,郵送にて次の宛先にお申し込みください。
 〒737-0004呉市阿賀南二丁目10-1 広島県立総合技術研究所 西部工業技術センター
  担当:河野 TEL0823-74-1151 FAX0823-74-1131

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。


県政ピックアップ