ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地トップページ > 組織でさがす > 西部工業技術センター > 西部工業技術センター研究報告No.51(2008)

西部工業技術センター研究報告No.51(2008)

印刷用ページを表示する 掲載日:2012年5月1日更新
平成19年度の研究成果報告書です。 平成20年(2008)6月刊行
平成19年度研究報告No.51(2008)
番号研究テーマ著者報文ポスタ
0目次・抄録目次・抄録
1インターネットを利用した産業機械の遠隔診断に必要な通信技術の開発(第2報)村河亮利,岡野 仁,大賀 誠報文ポスタ
2画像処理技術を活用した自動車部品等の表面状態高速検査技術の開発佐野 誠,打田澄雄,大賀 誠,石津任章,弓場憲生,小池 明報文ポスタ
3広島県独自の有機性資源循環システムの開発―木質系廃棄物を用いたアンモニア濃度低減によるメタン発酵への影響―樋口浩一,倉本恵治、小村直樹報文ポスタ
4ダイヤモンドコーティング工具の開発(第3報)本多正英,伊藤幸一,縄稚典生,山本 晃,筒本隆博報文ポスタ
5周波数特化型自動車用防音材料の開発(第3報)―プラスチック共鳴器による吸音特性の評価―長谷川浩治,宮野忠文,岡村雅晴, 酒井利文,西村公伸報文ポスタ
6成形加工における生産設計支援技術の開発(第2報)安部重毅,打田澄雄,森下勇樹,河野洋輔報文ポスタ
7高精度射出成形支援システムの開発(第1報)田平公孝,佐々木憲吾,花ヶ崎裕洋,大橋俊彦報文ポスタ
8金型の加工誤差補償システムの開発(第1報)―グラフィックスハードウェアを用いた切削力予測システムの開発―菊田敬一,西川隆敏,山下弘之,岡野仁,門格史,門藤至宏,中濱久雄報文ポスタ
9多段アクションを利用した部品成形技術の開発(第1報)―可動ポンチを用いたハット曲げにおける高張力鋼板の形状凍結性―森下勇樹,門格史,弓場憲生,岩谷稔,安部重毅報文ポスタ
10環境適合型小型軽量ロータリーエンジンの開発-アルミローターハウジングの耐摩耗性強化-寺山 朗,府山伸行,藤井敏男,松葉 朗,竹保義博,大関 博,檀上真司報文ポスタ
11プラズマCVD 法を利用した耐傷付性樹脂ガラスの開発(第1報)小島洋治,縄稚典生,山本晃,岡村雅晴,居蔵毅,阿波根紘志,菅武春報文ポスタ
12食品廃棄物のバイオ水素化・バイオガス化に関する技術開発(第1報)宗綱洋人,樋口浩一,小村直樹,玉井正弘報文ポスタ
13低棟ハウスと全面水耕ベッドによる葉菜類の超低コスト・高収益施設(第1 報)―デジタルヒューマン活用による最適な作業位置の検証―橋本晃司,横山詔常,越智資泰,坂本隆行報文ポスタ
14野菜栽培ベッドの可動・立体配置による省力・省エネ生産システム―作業特性と体格差を考慮したユーザビリティ設計要件の指標化―横山詔常,岡野仁,中村幸司,伊藤栄治,坂本隆行,今井俊治,内海茂範,環野敬志報文
15ガイド波を非破壊検査に有効利用するための信号処理技術問山清和報文
16銅用の新しい化学研磨液の開発白石徳明,樋口浩一報文ポスタ
17発泡ゴムを用いた防振手袋の開発長谷川浩治,宮野忠文,樫原龍男,西本淳一報文ポスタ
自動車用耐熱Mg部品の開発(ダイカスト成形品の鋳造割れ予測)藤井敏男ポスタ
固相中ダイオキシンの省エネルギー式高性能無害化装置の開発 伊藤幸一ポスタ

ダウンロード

関連情報

Adobe Readerダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。


県政ピックアップ