ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

研究課題

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年12月10日更新

食品工業技術センター > 研究開発・成果 > 研究課題


組織概要業務案内研究開発・成果研究会交通案内関係機関リンク

実施中の開発研究課題

  • 高温登熟障害に強い多収穫酒造好適米の開発 (平成27~33年度)
  • 常温流通型形状保持軟化食品の開発 (平成26~28年度)

終了した課題

戦略プロジェクト(平成23年度までは所長プロジェクト)

  • 凍結含浸技術本格普及プロジェクト (平成24~25年度)
  • 「広島レモン」利用促進技術開発プロジェクト (平成23~25年度)
  • 凍結含浸プロジェクト (平成20~22年度)

開発研究(過去5年以内に終了したもの)

  • 広島の食文化を発展・創造する日本酒の開発 (平成25~27年度)
  • 芽胞数の迅速測定技術の開発 (平成23~25年度)
  • 物性を指標とした食べやすい乾燥・中間水分食品の開発 (平成23~25年度)
  • 酵素による分子改変を利用した動物性素材の食感・食味創造技術の開発 (平成21~23年度)
  • 地付魚(メバル・オニオコゼなど)の蓄養技術の高度化と効率的な活魚輸送技術の開発 (平成21~23年度,水産海洋技術センターとの共同研究)
  • 大豆発酵物の機能性解明とその利用技術の開発 (平成20~22年度) 
  • 高齢社会に対応した新しい「医療食」「介護食」の開発 (平成19~21年度)
  • 凍結含浸法による機能性・呈味性を増強する食品製造技術の開発 (平成18~20年度)

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。


県政ピックアップ