ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地トップページ > 分類でさがす > しごと・産業 > 商工業 > 研究開発 > 煮詰めた砂糖にレモン果汁を添加する時の注意点
現在地トップページ > 分類でさがす > しごと・産業 > 商工業 > 商業・工業 > 煮詰めた砂糖にレモン果汁を添加する時の注意点

煮詰めた砂糖にレモン果汁を添加する時の注意点

印刷用ページを表示する 掲載日:2013年8月7日更新

食品工業技術センター > 企業のためになるQ&A No.2 > 煮詰めた砂糖にレモン果汁を添加する時の注意点


組織概要業務案内研究開発・成果研究会交通案内リンク

Q99 砂糖にレモン果汁を混ぜて煮詰めたら固まりませんでした。どうすれば固まるようになるでしょうか?

A 菓子製造において,飴などを製造する時に,砂糖を冷水に溶かして煮詰める工程があります。このとき,水と同時にレモンを混ぜて煮詰めていくと,レモンに含まれるクエン酸と加熱の影響で砂糖の主成分であるショ糖が加水分解され,ブドウ糖と果糖ができます。分解によって生成した果糖は,ショ糖の結晶化を阻害するため,レモンを投入した砂糖は煮詰めても固まらなくなります。

そこで,うまく固まるようにするためには,酸または加熱の影響を除いて,ショ糖の分解を抑える必要があります。例えばレモン飴の製造では,レモンの代わりにクエン酸(粉末)と香料を使用しますが,これらは煮詰めの後に冷却しながら添加します。この時,熱はそれほど加わりませんので,ショ糖の加水分解はほとんど起こりません。

一方,煮詰め後に糖蜜(砂糖を煮詰めたもの)が固まらないように高温に保つ必要がある場合があります。その場合,煮詰めの最後にクエン酸と香料を入れると熱によりショ糖は徐々に分解していきます。解決法としてはpHを上げて,仕上がり段階でレモン果汁を加える方法があります。仕上がりの糖度は,果汁の添加により低下するので,予めそれを予測して糖蜜の糖度を上げておく必要があります。この方法でショ糖の分解はかなり抑えられますが,レモンや糖の種類などで状態が変わることがあるので,その都度調整が必要となります。また,pHを上げ過ぎると味が悪くなることや酸味が弱くなることがあるので調整してください。

レモンを使用した商品は常温で保存しておくと香りは変化します。長期の保存については別途検討が必要です。


本情報の利用にあたっては,閲覧者の責任と判断において行って下さい。
本情報の利用により生じた損害については一切の責任を負いません。
本情報に掲載されている機器については食品工業技術センターで保有していることを保証するものではありません。保有機器については,本ページ上部の業務案内のリンクページをご覧ください。

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。


県政ピックアップ