ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地トップページ > 組織でさがす > 食品工業技術センター > ひろしま一途な純米酒とは・・・

ひろしま一途な純米酒とは・・・

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年6月15日更新
広島名物料理

 

ロゴ

普段日本酒を飲まない人にも手にとりやすく,
広島の名物と一緒に楽しむ低アルコール酒開発しました!

ひろしま一途な純米酒とは・・・

日本酒が広島の名物料理にひたむきに寄り添うイメージ広島の名物料理と一緒に楽しむために開発された純米酒(製法)です。

「お好み焼」「焼きがき」「カキフライ」「もみじ饅頭」

この4種類の名物料理に合う酒質(味や香り)及びアルコール度数をあらかじめ設計し,それを純米製法により

再現した低アルコール酒です。

※純米製法とは,米と米麹のみを原材料として使用した醸造方法です。なお,一部の日本酒は,料理との相性を考慮して,醸造後に炭酸ガスを添加して発泡性を持たせているため,
 酒税法上「純米酒」と表記できません。この場合は「発泡清酒」を表記します。
※「ひろしま一途な純米酒」は,広島県の出願商標です。

特徴

低アルコール酒でもしっかりとした味わい
 独自の技術によって,既存の低アルコール日本酒の醸造技術では再現できなかった味を保持しています。

日本酒のイメージが変わります
 日本酒が苦手な人にでも,飲みやすいお酒です。名物料理以外にも,様々な料理と合います。

開発について

 開発のきっかけから技術が確立した経緯を紹介します。

ひろしま一途な純米酒シリーズ

 開発した醸造技術を,県内酒造会社に技術移転することで,順次商品化されています。
 開発から商品化するまでのイメージ
 技術移転を希望される場合は,当センターに御連絡ください。

商品化情報

各シリーズで商品化したお酒を紹介します。
下記のリンク先をご覧ください。

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。


県政ピックアップ