ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地トップページ > 組織でさがす > 保健環境センター > RSウイルス感染症

RSウイルス感染症

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年10月17日更新

RSウイルス感染症について

 RSウイルス(respiratory syncytial virus)による急性呼吸器感染症です。乳児期での発症が多く,主な症状は,細気管支炎や肺炎です。
 年齢を問わず,感染を繰返し引き起こしますが,成人などでは鼻かぜ程度の軽い症状ですむ場合が多い感染症です。

流行状況

 11月から翌年の1月にかけての冬季に流行します。 り患年齢は,3歳までの乳幼児に多く,特に1歳未満の乳児が約半数となっています。

RSウイルス発生状況

症状

 初感染の乳幼児では,2~8日(通常4~5日)の潜伏期間を経て,発熱や鼻汁などの上気道症状から始まり,その後,細気管支炎や肺炎などの下気道症状があらわれます。
 1歳未満,特に6ケ月未満の乳児や,心肺に基礎疾患を有する小児などでは,呼吸困難など重篤となる場合があります。
 再感染の幼児の場合は,発熱や鼻汁などの上気道炎が主な症状です。

感染経路

 患者のせきなどからの飛沫感染やだ液などの呼吸器からの分泌物に汚染された手指や物を介した接触により感染します。

予防方法

 かぜの予防と同様に手洗いとうがいの励行,流行時には患者との接触をひかえることが大切です。

病原体

 病原体は,RSウイルス(respiratory syncytial virus)です。

感染症法における取扱い

 5類定点把握感染症で,72医療機関の協力により患者発生動向調査を実施しています。

 届出基準

参考サイト

県内の患者発生動向

全国の咽頭結膜熱の患者発生動向など(国立感染症研究所感染症情報センター

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。


県政ピックアップ