ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地トップページ > 組織でさがす > 保健環境センター > 麻しん患者発生動向(広島県)

麻しん患者発生動向(広島県)

印刷用ページを表示する 掲載日:2011年12月1日更新

麻しん(はしか)患者発生動向(広島県)2009年第1週~第53週現在(12月28日~1月3日)

県内で流行がみられた2008年の患者発生動向についてはこちら 矢印2008年

2009年 週別グラフ 保健所別 年齢

2009年の広島県内の麻しん(はしか)の発生は,非常に少なく推移しました。

週別グラフ
週別麻しん(はしか)患者発生動向のグラフ

保健所別

保健所別麻しん(はしか)患者発生動向のグラフ

2009年第1週からの患者数(累計)の保健所別グラフ

2009年第1週からの患者数(累計)の保健所別グラフ

年齢別(年齢別の円グラフ)

2009年第1週からの患者数(累計)をグラフにしています。

年齢別2009年第1週からの患者数のグラフ

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。


県政ピックアップ