ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地トップページ > 組織でさがす > 保健環境センター > 環境研究部:有害大気

環境研究部:有害大気

印刷用ページを表示する 掲載日:2011年12月1日更新

有害大気汚染物質モニタリング事業

 有害大気汚染物質とは

有害大気汚染物質とは長期的に暴露すると発がんなど健康影響を及ぼすおそれのある物質です。
 有害大気汚染物質対策については,一部の欧米諸国で取組んでおりますが,わが国においても対策に向けての調査・検討が行われています。
 環境省では,リストアップした248物質のうち,健康リスクが高いと考えられる23物質を「優先取組物質」に指定し,そのうちベンゼン等について環境基準を定めています。

 モニタリング事業

広島県では,平成9年度からモニタリングを実施しています。

環境大気測定局

環境大気測定局

環境省ホームページへ

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。


県政ピックアップ