ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地トップページ > 組織でさがす > 保健環境センター > サルモネラ菌感染症の患者等から分離された菌株の血清型の月別推移(当センター解析分)

サルモネラ菌感染症の患者等から分離された菌株の血清型の月別推移(当センター解析分)

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年11月10日更新

広島県内における下痢症患者由来サルモネラ属菌の血清型,年次別・月別推移(2009年~2013年1月31日)と近年分離頻度の高い血清型の薬剤感受性 2008年以前の血清型はこちら

1.サルモネラ属菌とは?

 サルモネラ属菌は,大腸菌と同じ腸内細菌科に属する細菌で,動物の腸管内や下水,河川など自然界にも広く分布しています。菌の形態は電子顕微鏡写真のように棒状の桿菌(かんきん)で,菌体に鞭毛(べんもう)を持ち運動性があります。また,ほとんどの菌株は硫化水素を産生するため,写真のDHL培地などで培養すると黒色の集落(コロニー)を形成します。この菌は,熱や酸には弱いですが,乾燥や低温には強い菌です。

 サルモネラ電顕写真 サルモネラコロニーDHL培地

 (サルモネラ属菌の電子顕微鏡写真とDHL培地に発育したサルモネラ属菌の集落)
 
※サルモネラ属菌画像の使用を希望される場合は,こちらへ

2.食中毒の症状は?

 潜伏時間は食後6~72時間で,おう吐,腹痛,下痢,発熱などを起こします。乳幼児や高齢者では症状が重くなることがあります。また,長期にわたり腸管内に保菌することがあります。

3.食中毒の原因食品は?

 生卵やその加工品(オムレツ,洋生菓子など),食肉(鶏肉,牛レバー刺しなど),魚介類,スッポンなどが主な原因になっています。

4.食中毒予防のポイントは?

 この菌による食中毒は,年間を通じて起きていますが,6月~9月の気温の高い季節に多く発生しています。そのため,この季節には次の4つのポイントが食中毒予防に大切です。

⑴ 生卵,食肉,魚介類などは新鮮なものを購入し,冷蔵庫で保管して,早めに食べる。またこれらの食材を調理したときはよく手洗いをする。

⑵ 食肉や魚介類を調理した包丁やまな板はよく洗浄・消毒して二次汚染を防ぐ。

⑶ 生卵,肉,魚介類は十分に加熱(中心部が75℃,1分以上)する。

⑷ ゴキブリなど害虫を駆除するとともに,ペット動物を食品や食器に近づけない。

5.県内におけるサルモネラ下痢症の発生状況は?

 当センターでは,県内のサルモネラ属菌による下痢症(散発事例)の発生動向を把握するため,県内15ヵ所の医療・検査機関の協力を得てサルモネラ属菌の分離状況を調査しています。

●分離株の血清型

 この表は,県内の下痢症患者から分離されたサルモネラ属菌の血清型を年次別・月別に示したものです。県内のサルモネラ下痢症は,年間を通じて発生しており,特に6月~9月の気温の高い季節に多く発生しています。患者からは,毎年多様な血清型のサルモネラ属菌が分離されていますが,2012年は,O7群のS. Infantis(20株:12.5%),S.Thompson(16株:10.0%),O9群のS. Enteritidis(15株:9.4%),及びO8群のS.Newport(14株:8.8%)による下痢症が多く発生しています。

 2013年1月31日

群別*

株数

血清型*

1月

2月

3月

4月

5月

6月

7月

8月

9月

10月

11月

12月

合計

2013

O4群

3

 Schwarzengrund

1

 1
 UT

2

 2

O7群

1

 Thompson

1

 1

O8群

1

 Narashino

1

 1

合 計

 5 5

群別

株数

血清型

1月

2月

3月

4月

5月6月7月8月9月10月11月12月合計
2012O4群44 Typhimurium

3

2 

1 

1 

3 

1

11

 Schwarzengrund

 

 

2

1

2

 

 

 

5

 Saintpaul

 

 

 

 

 

 

2

1

3

 

6

 Derby

 

 

 

 

 

 

1

1

 

2

 Hato

 

 

 

 

 

 

 

1

 

1

 Sandiego

 

 

 

 

 

 

 

1

5

 

6

 Stanley

 

 

 

 

 

2

 

1

1

 

4

 UT

1

1

 

 

 

2

1

1

1

1

1

 

9

O7群57 Virchow

2

 

 

 

 

 

 

 

2

 Bareilly

 

 

 

 

 

1

 

 

1

 Infantis

1

2

1

1

 

2

3

4

1

2

1

2

20

 Montevideo

 

 

1

 

 

1

 

2

1

 

5

 Thompson

 

 

 

 

2

2

6

2

2

2

 

16

 Singapore

 

 

 

 

 

 

1

 

1

 Mikawasima

 

 

 

 

 

 

 

2

 

2

 Braenderup

 

 

 

 

 

 

 

2

2

 

4

 UT

1

 

1

4

 

6

O8群38 Manhattan

1

 

1

1

 

1

1

 

5

 Nagoya

1

1

 

2

 Newport

 

1

7

4

2

 

14

 Litchfield

5

2

3

2

 

12

 UT

3

1

1

5

O9群16 Enteritidis

2

2

1

1

1

 

1

2

3

2

15

 Panama

1

 

 

 

 

 

 

 

1

O13群3 UT

1

 

 

1

 

1

 

 

 

 

3

OUT2

1

1

 

 

 

 

 

 

 

2

合 計

9

5 

8 

7 

7 

15 

20 

29 

25 

19142

160

群別株数血清型1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月合計
2011O4群26 Bradford   

2

 2

 Saintpaul      

1

1

 2

 Schwarzengrund   

1

1

1

1

 4

 Typhimurium    

2

4

2

1

1

 10

 Paratyphi B      

1

 1

 UT

2

1

1

1

1

1

 7

O7群42 Infantis

3

2

1

1

6

4

2

1

3

1

1

 25

 Thompson    

1

1

2

3

2

 9

 Daytona    

1

 1

 Virchow    1 1        2
 Braenderup   1     1 2    4
 UT            1 1
O8群19 Hadar   1     2 1    4
 Yovokome          1   1
 Litchfield        1 1 2   4
 Manhattan   1 1    1    1 4
 Narashino       1 1     2
 Kottbus        1    1
 Newport       1     1 2
 UT     1        1
O9群27 Enteritidis 1 1 1    2 7 4 5 3 3 27

合 計

 6 3 6 614 5 8211813 6 8114
群別株数血清型1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月合計
2010O4群53 Typhimurium 1 2 1 2  2 1 2 1 2 1 1 16
 Schwarzengrund     4  1 1 1    7
 Saintpaul     1  1 5 1    8
 Paratyphi B    1   1  2 2   6
 Stanley 1      5 2  1   9
 Agona        1     1
 Derby        1     1
 UT    2  2      1 5
O7群37 Infantis   1  3 2   3    9
 Bareilly        3    1 4
 Braenderup       1 2 2 2   7
 Isangi        1     1
 Thompson       1 3 1 2 1  8
 Virchow       2 2     4
 Potsdam           1 1 2
 Mikawasima          1   1
 Rissen         1    1
O8群14 Manhattan  1           1
 Litchfield        1  1   2
 Newport       1 1 1    3
 Nagoya       1      1
 UT       2 1 2 2   7
O9群43 Enteritidis 3   3 4 6 4 7 4 6 2 2 41
 Miyazaki        1     1
 UT          1   1
O3,10群1 Meleagridis      1       1
O16群1 Hvittingfoss       1      1

OUT

1            1 1

合 計

 5 3 2 8121322341920 5 7150
群別株数血清型1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月合計
2009O4群44 Typhimurium    1  1  3 5 1  1 12
 Schwarzengrund    1   1  1    3
 Saintpaul     1  410 1 2   18
 Paratyphi B       1 5 1    7
 Stanley        1     1
 UT   1     1   1  3
O7群27 Infantis  1  1 1  3 1 1 1  3 12
 Bareilly     1        1
 Montevideo      1 1   1   3
 Livingstone   1          1
 Thompson 1      2  1 2   6
 Virchow       1      1
 UT      1   1   1 3
O8群12 Manhattan   1          1
 Litchfield    1     2 1   4
 Narashino       2      2
 Newport        1 1    2
 Nagoya         1    1
 UT 1     1       2
O9群25 Enteritidis 1 2  2 1 1 7 8  2   24
 UT         1    1
O3,10群2 Falkensee   1          1
 Muenster      1       1
O13群1 UT        1     1
O28群1 Soumbedioune            1 1

合 計

 3 3 4 6 4 622311610 1 6112

  【表の見方】
※UT:型別不能(untypable)

S. Enteritidisの分離状況

 このグラフは,県内で分離されたS.Enteritidisの割合を年次別に示したものです。S. Enteritidisは,サルモネラ下痢症の主要な原因菌としてよく知られている血清型です。2002年には県内で分離されたサルモネラ属菌の約8割(77.2%)を占めていましたが,2006年には24.4%まで減少しました。その後も大きな上昇は認められておらず,2012年にはS. Enteritidisによる下痢症は1割以下(9.4%)と2002年と比べてかなり減少しています。

      SEの割合

●患者の年齢構成

 このグラフは,2012年に県内で発生したサルモネラ下痢症患者160人の年齢構成を示したものです。患者は10歳未満が最も多く,約4割(41.3%)を占めています。次いで10歳代が多く,県内では若年層にサルモネラ下痢症が多く発生しています。

       年齢構成

 ●薬剤感受性

 この表は,近年分離頻度の高かった5種類のサルモネラ属菌の血清型について薬剤感受性を示したものです。薬剤感受性試験は,センシ・ディスクを用いて12種類の薬剤について試験を行いました。感受性はサルモネラ属菌の血清型によって異なりますが,ストレプトマイシン(SM)とテトラサイクリン(TC)に耐性を示すものが多く認められます。また,S. TyphimuriumとS. Infantisには2剤以上の薬剤に耐性を示すものが多く認められます。一方,ホスホマイシン(FOM),オフロキサシン(OFLX)及びシプロフロキサシン(CPFX)には耐性株は認められていません。

 サルモネラ属菌の薬剤感受性

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。


県政ピックアップ