ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地トップページ > 組織でさがす > 子育て・少子化対策課 > 思春期世代への健康教育について

思春期世代への健康教育について

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年4月28日更新

思春期世代への健康教育事業について

趣旨 

 婚姻・出産等の状況について,内閣府の調べによると,未婚化・晩婚化による晩産化が進行し,平成26年度の平均初婚
年齢は,夫が31.1歳(対前年比0.2歳上昇),妻が29.4歳(同0.1歳上昇)と上昇傾向を続けており,結婚年齢が高くなる晩婚
化が進行している。  
 また,第1子を出生したときの母親の平均年齢をみると,平成26年においては,第1子が30.6歳となっている。
(※内閣府「平成28年版 少子化社会対策白書」より引用)
 高齢での妊娠・出産は流産や妊娠合併症のリスク高まるとともに,不妊治療による生産分娩率も年齢とともに低下する
ため, 若年世代に対する妊娠・出産等の正しい知識の普及啓発を通じて,将来,自らが希望するライフプランを実現する
上で,適切な時期に適切な選択をし,将来希望する妊娠・出産ができるよう支援する。

広島県の取組み

 広島県では平成23年度から「未来のパパママ育成事業」,平成24年度から平成27年度までは「思春期世代への健康
教育事業における出前講座」を実施し,年間40校の高等学校等において,産婦人科医師,助産師の専門講師による出前
講座を実施しました。
 また,平成27年度には,高等学校向けの共通教材(DVD)「ステキなオトナになるために」~現在と未来を考えよう!~
を作成しました。

思春期世代への健康教育事業出前講座 共通教材(DVD)の作成について

タイトル 「ステキなオトナになるために」~現在と未来を考えよう!を作成しました! 

 作成:広島県
 監修:一般社団法人広島県医師会,広島県産婦人科医会,一般社団法人広島県助産師会

 内容:
 
1部 ステキなオトナになるためにみんなに知っておいてほしいこと
          監修 広島県産婦人科医会
 2部 いのちの授業~未来のために~
          監修 一般社団法人広島県助産師会 
 
 配布等について:高等学校向けの共通教材(DVD)を作成し,現在,広島県内の学校現場における健康教育事業で活用していただいて おります。
※この教材についてのお問い合わせは,広島県健康福祉局 子育て・少子化対策課 電話082-513-3175まで

DVD3DVD!DVD3

人材育成研修会について

 県内の高等学校の教諭をはじめ,思春期教育や相談支援に関わる関係者を対象に,思春期の子どもを取り巻く性の現状や,
子ども達が将来,家庭を築くこと,結婚,出産,子育てに希望を持ち,正しい知識の習得した上で,将来のライフプランを描くこと
ができるよう,支援者の資質向上を図ることとし,毎年度7月~8月に開催しています。
人材育成研修会 


県政ピックアップ