ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

第1回ひろしまシェフ・コンクール 成績優秀者 決定!

印刷用ページを表示する掲載日2014年11月21日
 広島の食文化の発展とブランドイメージの向上を図るため,全国で活躍している若手料理人を対象とした「料理コンクール」を開催し,成績優秀者3名を選定しました。

成績優秀者

※敬称略,受付番号順

前垣内勇斗(ホテルグランヴィア広島)

シェフ 前垣内氏 前垣内氏 料理

 

向井大樹(リーガロイヤルホテル広島)

表彰 向井氏 向井氏 料理

 

小竹隼也(株式会社サクレ〈東京都〉)

シェフ 小竹氏 小竹氏 料理

【応募状況】 

応募者数

県内37名:男31名,女6名

県外 6名:男 3名,女3名

【審査状況】

区 分

実施日

対象者

合格者

書類・面接審査

10月 3日(金)

10月10日(金)

43名

10名

県内8名:男7名,女1名

県外2名:男2名

実技審査

11月16日(日)

10名

3名

県内2名:男2名

県外1名:男1名

今後の予定

 成績優秀者3名は,平成27年度から「広島県調理師等研修資金」を活用して海外の有名レストラン等で修業していただく予定です。

 【広島県調理師等研修資金の概要】

内 容

対象者

優れた調理技術を有するとして知事が認めた者(本コンクールの成績優秀者)

貸付額等

支給対象:渡航費,滞在費,受講料

限 度 額:月額20万円

利    子:無利子

貸付期間:修業期間内,ただし3年間を上限

返還免除

修業の終了した日の属する月の翌月から9年間の内に,8年間以上,県内の料理店等に就業或いは開業した場合,返還債務を全部免除

主催など

主催:料理コンクール実行委員会  

構成:内閣府認定公益社団法人全日本司厨士協会中国地方本部,広島県飲食業生活衛生同業組合もみじ支部,

   広島県農業協同組合中央会,広島県漁業協同組合連合会,株式会社アンデルセン・パン生活文化研究所,広島県

 
名誉顧問:ジョエル・ロブション
特別協力:フランス料理文化センター
Adobe Reader外部リンク

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

おすすめコンテンツ

この記事をシェアする