ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地トップページ > 分類でさがす > しごと・産業 > 商工業 > 地域産業・地場産業 > 戸河内刳物(とごうちくりもの)

戸河内刳物(とごうちくりもの)

印刷用ページを表示する 掲載日:2013年2月15日更新

<広島県指定伝統的工芸品>

◇沿革・特徴

 戸河内刳物(くりもの)は,起源は宮島細工にあり,藤屋大助が江戸時代後期に創始したと伝えられており,大正時代初期に福田李吉が宮島から材料の供給地である戸河内町(現:山県郡安芸太田町)に移住し,その技術を伝えたものです。
 ノミ,鉋(かんな),柳刀等を用いた手作りのお玉杓子は「浮上お玉」として,愛用されています。

◇原材料

 朴(ほお),桜,桑,橡(とち)

◇主な製品

 杓子,茶さじ,コーヒースプーン

◇指定年月日戸河内刳物

 平成3年4月8日

◇製造者

 横畠 文夫
 〒731-3843  山県郡安芸太田町大字吉和郷335
 電話:0826-28-2063

関連情報

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。


県政ピックアップ