ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地トップページ > 組織でさがす > 医工連携推進プロジェクト・チーム > フットケアカバーの試用・改良! [実証フィールド活用プロジェクト]

フットケアカバーの試用・改良! [実証フィールド活用プロジェクト]

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年5月9日更新
フットケアカバーの試用・改良! [実証フィールド活用プロジェクト]

(株)ギケン・(株)ジェイ・シー・ティ+臨床工学技士会の現場ニーズ+県立広島病院等

フットケアカバーの試用・改良! [実証フィールド活用プロジェクト]


fut1
糖尿病の増加に伴い足病変を持つ患者が増加している。
そのような患者に対しては、フットケアが重要であり,各医療機関では,爪切りやリューターを用いた爪のケア,角質除去を行っている。
そこで問題になるのが,感染症(白癬など)を持った患者の爪や角質の飛散による医療従事者や他の患者への感染防止である。

fut2
処置時に治療環境への影響のない閉鎖空間かつ作業スペースが十分な視認性の高いケースが必要との臨床工学技士からの現場ニーズを受け,(株)ギケン・(株)ジェイ・シー・ティが開発に乗り出した。

fut3

臨床工学技士と連携し,試行錯誤を重ね,製品が形となってきた。
しかし,このまま自分達だけで製作をしていていいのか…実際に現場に出た際に不具合を起こす様な点はないか…。

fut4

そこで『実証フィールド』を利用し,県立広島病院,JA吉田病院,中央内科クリニック等で実際に試用。
ベット,椅子,診察台等様々なロケーションで,現場での使用に基づくコメントを受け,改良に改良を重ね,最終形が完成!無事販売となった。

fut5

フットケアカバー商品紹介 ((株)JCT HP)
fut6

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。


県政ピックアップ