ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

戸田工業株式会社[企業紹介]

印刷用ページを表示する掲載日2016年5月9日
戸田工業株式会社[企業紹介] 業界で初めて確立した画期的な湿式合成を始めとする独自のナノスケール合成技術による高精度な合成!
リチウムイオン電池,ICタグから,ダイオキシン発生抑制活性酸素鉄まで,ニーズに合わせ自由自在!
toda1
企業名 戸田工業株式会社
所在地 広島県広島市南区京橋町1番23号
(アメリカ,カナダ,ドイツ,中国,韓国等にグループ会社有り。)
資本金/正社員数 74億77百万円 / 349人
業認可 ISO 9001,ISO 14001,OHSAS-18001
事業概要 電子部品用材料,EMC/EMI電磁対策部品,顔料,デジタル記録材料,
環境機能材料,電子印刷材料,電池材料事業
供給物 1. 磁性粉末材料(磁気テープ,磁気カードなど)
2. フェライト材料(高周波電子部品,電磁波吸収材,振動吸収材,磁石用など)
3. 各種着色材料(トナー,プラスチック着色,繊維着色,コンクリート着色用など)
4. その他(ダイオキシン抑制処理システム,土壌浄化システム,リチウムイオン二次電池正極材など)
HP http://www.todakogyo.co.jp/外部リンク

医工PJT担当者から一言:
 「同社のタグは,医療関連機器,資材の
管理手法変革させる可能性を秘めています。」

<製品例・技術PR>

●独自技術による超小型金属にも使用可能Only1のIC/NFCタグ
 器具,医療機器,薬品等への内蔵により,院内の資産管理・機器のトレーサビリティーが可能に。国際標準規格NFCの普及で,スマートフォンでも読み取り可能になっていることから,可能性は無限大!
●湿式合成等の独自技術で創造される,客先ニーズに合わせた,バリエーションに富んだ素材
 酸化鉄粒子粉末の持つ多様な機能(磁性、着色、配向性、電波吸収、制振、触媒活性等)を活かし、材料としての安全性をベースに,求められる機能や特性に合わせ,各種用途に特化した材料を設計、合成可能!物質を原子レベルで制御できる技術はまさにナノテクノロジーそのもの。
●全社のなんと1/4の社員が研究に携わる,研究開発型の企業。産学共同研究体制も確立し最先端の研究開発にも取り組み中!
 ・レアアースを全く使用しない最強の磁石特性が期待される窒化鉄ナノ粉末の量産化技術の開発に成功!
 ・2016年4月,軽量で導電性の高いカーボンナノチューブ(CNT)実証施設完成!
 ・2016年3月,シーマナノテック(米/透明導電性フィルムソリューションの開発・製造)社と透明導電性フィルム用材料(ナノ銀粉及びナノ銀分散体)の製造供給契約を締結!ど)

<技術PR詳細>
▼クリックすると展開します▼



補足事項:
「酸化鉄粉体及び酸化鉄粉体を主体とした,複合金属酸化物及びその製造技術を中心とする,国内の特許保有件数は
451件、海外特許は259件!
独自開発技術に裏打ちされた長年の実績と最新のナノテクノロジーでお客様のニーズに応えます!」




おすすめコンテンツ

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする