ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地トップページ > 組織でさがす > 統計課 > 社会生活基本調査(所管官庁:総務省)とは

社会生活基本調査(所管官庁:総務省)とは

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年11月30日更新

調査の概要

国民の生活時間の配分及び自由時間における主な活動の内容を把握し,国民の社会生活の実態を明らかにすることにより,各種行政施策の基礎資料を得ることを目的としています。
本調査は,総務省統計局所管による基幹統計調査として昭和51年から実施されており,各種行政施策,その他の基礎資料として利用されています。

調査の周期

5年周期(平成28年10月20日現在で調査が行われました。)

調査の対象

総務大臣が指定した調査区内に居住する世帯及びその世帯に常住する世帯員

主要集計事項

次の事項について全国,14地域,都道府県,都市階級,大都市圏,人口集中地区の別に集計する。

1.1日の生活行動別平均時間,時間帯別の生活行動の状況及び主な生活行動の平均時刻に関する事項 
2.スポーツ活動,学習・研究活動,趣味・娯楽活動,ボランティア活動及び旅行・行楽の状況に関する事項等

このページに関連する情報


県政ピックアップ