ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地トップページ > 組織でさがす > 統計課 > 統計グラフコンクール 統計グラフのつくりかた

統計グラフコンクール 統計グラフのつくりかた

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年6月9日更新

統計グラフコンクール 統計グラフのつくりかた

1 テーマ(主題)を決めよう!

どういう目的で,どういうことを表したいかを決める。
あなたは,これから作る統計グラフで見る人に何を伝えたいと思っていますか。

 グラフのテーマの例としては・・・
 (1)現在話題になっていること(自然災害,環境問題,オリンピックなど)
 (2)自分の興味のあること,好きなこと,得意なこと(スポーツ,友達,音楽,将来の夢など)

◇日ごろから,社会問題や身近なできごとに関心・問題意識を持つようにしましょう!

2 決めたテーマについて調べよう!

テーマを決めたら,次はテーマについて調べましょう。
調べる方法には,次のようなものが考えられます。 
 
(1)自分でアンケートをとったり,観察したりする。
(2)本や雑誌,新聞,インターネットなどで調べる。(図書館なども利用しましょう!)

◆小学校4年生以下の方は,自分で調査・観察したものに限りますので注意してくださいね。

3 調べたことを整理しよう!

B5またはA4の用紙に,調べたことを表やグラフにして整理します。
用紙には,次のようなことを明記しておきましょう。 
 
(1)アンケート,観察の場合
 ・調べた時期(年月日や期間など)
 ・対象者・対象物(クラスの人,家族,通行人,自然のもの,車など)
 ・対象の数(何人,いくつなど)

(2)本や雑誌,新聞,インターネットなどの場合
 ・資料名(本の名前や調査名,インターネットの場合はアドレスなど)
 ・調査年度,調査日など(その資料は,いつごろに調べられたものなのか) 
 
◇本や新聞に載っているグラフも観察してみると,何を書けば良いか参考になるでしょう。
◇数値をそのまま取るとわかりにくいときは,必要に応じてデータを平均,比率,構成比などに加工すると,わかりやすいデータになります。

◆ここで整理したものは,作品を仕上げるための元データになるだけでなく,最後に作品の下に貼り付けることになっていますので,この部分も作品の一部だと思って,ていねいに貼り付けましょう。

4 タイトル・見出しを考えよう!

タイトルや見出しは,作品の中で一番目立つ部分,その作品の顔になります。
そこで,タイトルや見出しを決めるときは,グラフの内容や問題点をはっきりと表現していて,しかも見る人の興味を引くようなものを考えましょう。
次の例を参考にしつつ,あなただけの,魅力あるタイトル・見出しを考えてみましょう。 
  
(1)字数を工夫する
<リズミカルな表現>
「大切に!早寝 早起き 朝ごはん」
<五七調(俳句や短歌のように五文字と七文字を組み合わせる)>
「がんばろう 自分のための 勉強を!」
<副題をつける(長くなりそうなときや,効果的に訴えたいときに)>
「ストップ!地球温暖化~守ろうぼくたちの地球~」

(2)言葉の技法
<呼びかけ>
「おとうさん おかあさん もっとたくさんはなそうよ!」
<疑問型>
「今の自分は好きですか?」 「マイバッグ 使ってる?」
<倒置法>
「足りてるかーい?おこづかい」 「もう,いやっ!アレルギー」

(3)文字
<大きさ>
文字が小さすぎると見にくくなります。逆に大きすぎると,ほかの部分が犠牲になってしまいます。
用紙全体の中で適当な大きさを考えましょう。
<色>
テーマの内容によって色を使い分けましょう。
また,背景の色と文字の色を近い色(青と水色など)にすると,文字がぼやけて見えます。
<書体>
ゴシック体,明朝体など書体によって文字の印象が違って見えます。
テーマの内容によって適切な書体を選びましょう。

◇広告,ポスターのキャッチコピーや新聞記事の見出しを観察してみると,参考になるでしょう。

5 グラフの種類を決めよう!

グラフには円グラフ,棒グラフ,折れ線グラフなど様々な種類があり,それぞれに特性を持っています。
あなたが調べたことを表現するのに,ふさわしいグラフは何でしょうか?
データの特性を考えて,その内容にふさわしいグラフを選びましょう。

グラフの種類と特徴(総務省統計局「なるほど統計学園」の該当ページへリンクします。)

グラフグラフグラフ

6 構図,レイアウトを考えよう!

用紙の中にどこにどれくらいの大きさで,見出しやグラフを配置するのかを考えます。
次の点を参考にして,分かりやすく楽しいグラフになるように工夫してみてください!

(1)強調したいところを目立たせる
 特に見てもらいところ,訴えたいこと,メインとなるグラフや文字は大きくしたり,色を変えたりして目立つようにしましょう。

(2)見る人の視線を導く
 横書きのものは左から,縦書きのものは右から書くという決まりがありますね。
 また,広告のチラシなどは,左上から右上,左下,右下と自然と見ていく流れがあるようです。
 特に見せたい順序があれば,番号をつけたり,矢印で誘導してみましょう。

(3)イラストを入れる
 イラストを入れるとイメージしやすくなったり,親しみを感じます。
 また,パソコン統計グラフ作品についても,手描きでイラストを入れるとポスター全体に温かみがプラスされます。
 ただし,ほかの人が作ったイラストや写真(雑誌の切抜き,キャラクターなど)を絶対に使わないでください。
 イラストを入れるときは,必ず自分で考えたオリジナルのイラストを使いましょう。
 インターネットでイラストや写真を取り込むこともしてはいけません。

7 下書きしよう!

いよいよ用紙にグラフを書きますが,まずは下書きをしましょう。
下書きをすると,頭の中に思い描いたイメージが現実に近づきます。
色の使い方などを考えながら下書きしてみましょう。 

◇下書きが終わったら,もう一度全体をチェックしてみましょう。
統計グラフコンクールチェックシート (PDFファイル)(269KB)をご活用ください。)

◇文字や目盛,単位,凡例などに誤りはありませんか?調査名や調査年月日,資料の出所などに記入漏れはありませんか?

◇家族や先生など周りの人にも見てもらい,意見を聞いてみましょう。新たな発見や間違いが見つかるかもしれません。

◆用紙は必ず72.8センチメートル×51.5センチメートル(B2判)のものを使用してください。

8 仕上げをしよう!

下書きしたものに色ぬりなどをして,作品を完成させます。
色彩によって,作品のイメージは大きく変わります。
色相・明度・彩度などにも気を配り,美しく仕上げましょう。
また,塗った絵の具や張り紙などがはがれないように,注意しましょう。

◆必ずステップ3で作った資料を作品の下に貼り付けてください。

9 チェックをしよう!

ついに,作品が完成しました。おつかれさまでした。
しかし,グラフとしては優れた作品であっても,用紙サイズが違っていたり,内容に不備や過誤がある場合,選外とされてしまいます。
せっかく作った作品が失格とならないよう,最後にもう一度チェックをしましょう。 
 
統計グラフコンクールチェックシート (PDFファイル)(269KB)
応募票 (Wordファイル)(39KB)

県知事賞

第66回広島県統計グラフコンクール 広島県知事賞

最後に

統計グラフの作品を作るのは,想像以上に大変な作業と感じられるかもしれません。
たしかに,統計グラフの作品を作るのは簡単なことではありません。
しかし,その分だけ,やりがいや面白さもあります。
統計グラフの作品を作る過程で,あなたは様々なことを得ることができるでしょう。

統計資料の正しい作り方・見方・使い方・・・
算数・数学の能力・・・
言葉遊びなどの国語の感性・・・
色使いやレイアウトなどの美的感性・・・

さらに,現代社会で起きている様々な問題に関心を持ち,新たな視点で社会のできごとを見ることにもつながると思います。
さぁ!あなたも,統計グラフ作りに挑戦してみませんか!
 

このページに関連する情報

Adobe Readerダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

県政ピックアップ