ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

ワイヤーセンサーの一部撤去について

印刷用ページを表示する掲載日2015年10月13日

 平成26年8月20日の豪雨により土石流が発生した渓流において,今後の降雨により再び土石流の発生が懸念されることから,広島県では今後の警戒避難に役立てていただくため,ワイヤーセンサーを設置し,土砂の移動状況を監視しています。
 このたび,可部東6丁目の1及び可部町桐原において,砂防工事(堰堤)が概成したことから,下図のとおりワイヤーセンサーを撤去いたしました。

〇可部東6丁目

 可部東6丁目

〇可部町桐原

 可部町桐原

おすすめコンテンツ

この記事をシェアする