ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

(呉高等技術専門校)CADワーク科

印刷用ページを表示する掲載日2018年6月20日

訓練の概要

日本工業規格による機械設計製図の基礎知識,コンピュータによる設計支援機器を使用し,簡単な装置設計ができる関連知識及び技能を習得。機械設計製図業務で,機械,自動車,プラント等の関連企業での活躍を目指します。
訓練風景

手書き製図

3次元CAD実習

3Dプリンターによる出力
手書き製図3次元CAD実習3Dプリンターによる出力

資格取得状況

平成29年度訓練生の状況

取得資格名

主催者名

合格率(%) 合格者(人) 受験者(人)

受験時期

CAD利用技術者試験(2次元2級)

コンピュータ教育振興協会

60.0 10

在校中

CAD利用技術者試験(3次元準1級)
CAD利用技術者試験(3次元2級)

コンピュータ教育振興協会

44.1 15 34

前期生:在校中

後期生:修了後

技能検定3級(機械・プラント製図)

中央職業能力開発協会

68.4 13 19

前期生:修了後

後期生:在校中

 

就職率

平成29年度の状況

年 度

H29

前期

後期

就職率

78.9%

77.8%

* 就職率には,中途退校就職者を含みます。

※ 平成29年度後期は,修了1か月後の状況です。

主な就職先

(株)テクノクラーツ

(株)キムラ

(有)松浦設計事務所

(株)明日香コンサルタント など

訓練の内容

学科

科目

科目の概要

時限数

社会・体育・安全衛生・キャリア形成

オリエンテーション,球技等のレクリエーション,環境美化,社会人としての基礎力向上(ビジネスマナー,就職活動など),ジョブカード作成支援

38

機構学・機械要素設計

ねじ,軸と軸受,歯車,巻掛け伝動装置,カムとリンク,その他の機械要素

40

材料力学

応力とひずみ,ねじり,はりのせん断力図と曲げモーメント図

20

工業力学

静力学,動力学

 30

工業材料

金属材料の密度,炭素鋼と熱処理,合金鋼(特殊鋼),工具用材料(工具鋼など),鋳鉄,アルミニウムとその合金,その他の金属,非金属材料と新素材,金属の強化法,材料試験法

20

工作法

工作法の分類,鋳造,塑性加工,溶接,切削加工,砥粒加工,特殊加工,表面処理,工作測定,工作機械

30

機械製図

製図の基礎,図形の表し方,寸法の記入方法,表面性状,寸法公差及びはめあい,幾何公差,機械要素,溶接記号,配管の製図

60

学科合計

238

実技

科目

科目の概要

時限数

機械製図実習

三角法,用器画法,手書き製図の基本

31

機械設計実習

基本的機械要素の設計,基本的機械機構の設計,総合演習(簡単な機械装置(ジャッキ,歯車,ポンプ,手巻きウインチ等)の設計製図)

80

CAD実習 (2次元)機械部品図,組立図,加工図,検定対策

320

(3次元)パーツモデリング,アセンブリ,検定対策
パソコン実習 Windowsの操作,Word・Excelの操作

30

安全衛生作業法 安全衛生作業

実技合計

466

※ 1時限=50分

※ 訓練内容を変更することがあります。

応募倍率

過去2年間の応募倍率
 

応募倍率(倍)

平成30年度(前期)

1.40

平成29年度(後期)

1.33

平成29年度(前期)

1.67

※応募倍率=応募者(人)/定員(人)

おすすめコンテンツ

この記事をシェアする