ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地トップページ > 組織でさがす > 県立三次看護専門学校 > 入学時セミナーで島根県の三瓶に行きました(6月7日~6月9日)

入学時セミナーで島根県の三瓶に行きました(6月7日~6月9日)

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年6月19日更新

 平成29年度の新入生は入学時セミナーで国立三瓶青少年交流の家へ,2泊3日で行きました。第一看護学科と第二看護学科合同のセミナーでした。レクリエーションや登山,ハイキングを通して交流を図ることができました。
 第一看護学科は,「看護をするうえで大切なこと」について討議しました。実習での経験とナイチンゲールの看護覚え書きを手に看護であること,看護でないことを探求しながら,自分たちが看護をするうえで大切なことを語り合いました。これからどう学習をしていくか,具体的な目標も見えてきました。
 第二看護学科は,「自分が目指す看護師像」をテーマに討議を行いました。これまでの准看護学校での実習や臨床現場での経験をもとに,自分たちが目指す看護師について意見を出し合いました。また,これからの具体的な行動を明確にすることができました。
 キャンドルのつどいでは,神秘的な雰囲気の中で誓いの言葉を述べ,学生生活を共にする仲間との絆を深めることができました。
 これから目標に向けて頑張ろうという思いが高まった3日間となりました。

キャンドルのつどい
キャンドル

集合写真(第一看護学科)
第一集合写真

討議風景
討議風景

集合写真 (第二看護学科) 
第二集合写真

ハイキング
ハイキング

県政ピックアップ