ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地トップページ > 組織でさがす > 県立三次看護専門学校 > 平成29年度「看護の心を誓う会」を行いました(5月12日)

平成29年度「看護の心を誓う会」を行いました(5月12日)

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年5月29日更新

第一看護学科2年生60名が,平成29年5月12日(金曜日)に「看護の心を誓う会」を行いました。
「看護の心を誓う会」とは,一年間の学修課程を修了し,本格的な実習を始める前に,ナイチンゲールのかざした看護のともしびを受け継ぎ,看護師をめざす者として心構えを明確にする会です。
 厳かな雰囲気のなか,これから始まる臨地実習に向け全員で考えた看護への決意を表明しました。
 5月16日から基礎看護学実習が始まります。
誓いの言葉
誓いの言葉
3年生からのキャッピング
3年生からのキャッピング

第一看護学科2年生
第一看護学科2年生

誓いの言葉
【Aクラス】

一.日々進歩する医療に関心を寄せ続け,向上心を持って勉学に励み続けることを誓います

一.患者の個別性を把握し,根拠ある看護を提供するために,確かな知識を幅広く身に付けることを誓います

一.生命力の消耗を最小限にし,患者の力を最大限に引き出すため安全・安楽に援助を行うことを誓います

一.患者の命を守る責任とチーム医療の一員である自覚を持って,信頼される行動をとることを誓います

一.患者を一人の人として尊重し,その人らしい生き方を支えられる看護師になることを誓います

【Bクラス】

一.対象者の生命力の消耗を最小にし,根拠に基づいた看護を提供するために医療・看護の専門的な知識を身につけることを誓います

一.五感を使い,対象者の様々な変化をとらえ,安全で安楽な技術を実践していくことを誓います

一.対象者の個別性や価値観を尊重し,より質の高い看護技術を提供することを誓います

一.同じ道を志す仲間と共に,初心を忘れず向上心を持って,より良い看護を探求していくことを誓います

一.看護を提供する者として多職種と連携しながら,対象者の望むよりよい生活を支えることを誓います

 


県政ピックアップ