ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地トップページ > 組織でさがす > 西部厚生環境事務所・保健所 広島支所 > 定期結核健康診断の実施報告について

定期結核健康診断の実施報告について

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年2月14日更新

定期結核健康診断の実施報告について

感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律第53条の2及び第53条の7に基づき,学校,医療機関,社会福祉施設など特定の施設には定期の結核健診の実施と,管轄の保健所への健診実施の報告が義務付けられています。

定期結核健康診断が義務付けられている施設

施設区分

対象者

実施回数

病院,診療所,助産所,介護老人保健施設

「職員」※

年1回

社会福祉施設(社会福祉法第2条第2項第1号及び第3号から第6号までに規定する施設)

「職員」※及び「65歳以上の入所者(実施年度に65歳に達する者を含む)」

小学校,中学校

「職員」※

大学(短期大学,大学院を含む),高等学校,高等専門学校,専修学校,各種学校(専修年限が1年未満のものは除く)

「職員」※及び「入学した年の学生・生徒」

刑事施設

「20歳以上の収容者」

 

 

 

 

 

※ 施設で働くすべての人が対象となり,労働者だけでなく使用者(管理者)も対象です。また、労働安全衛生法令に基づく健康診断(いわゆる職場健診)の対象でない非正規雇用労働者(非常勤職員・派遣職員・パート・アルバイトなど)も対象となります。

提出期限

法令上,健康診断を実施した日の翌月10日までに報告を行うこととされています。複数回にわたり健診を実施する場合は,まとめて報告してください。

提出様式

西部保健所広島支所へ報告する際の様式です。

提出先

安芸高田市,安芸郡,山県郡の施設については,当支所へ報告してください。
広島県西部保健所広島支所 保健課
電話082-513-5521,Fax082-511-8707
E-mail:fjwhhoken@pref.hiroshima.lg.jp

提出方法

持参,郵送またはFax,電子メール

県政ピックアップ