ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地トップページ > 組織でさがす > 西部厚生環境事務所・保健所 > 薬物乱用防止「626ヤング街頭キャンペーン」を実施しました

薬物乱用防止「626ヤング街頭キャンペーン」を実施しました

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年6月29日更新

6月20日(火曜日)から7月19日(水曜日)までの間,「626国際麻薬乱用撲滅デー」にあわせて,「ダメ。ゼッタイ。」普及運動が全国一斉に展開されています。
※ 「ダメ。ゼッタイ。」とは薬物乱用防止の合い言葉で,国連の標語 「 Yes to Life, No to Drugs 」を和訳したものです。

この運動の一環として,高校生などのヤングボランティアを中心とした薬物乱用防止啓発活動である「626ヤング街頭キャンペーン」を実施しました。

参加者は,道行く方に「国連支援の募金にご協力お願いします」「薬物乱用防止ダメ。ゼッタイ。キャンペーンをやっています」と熱心に呼びかけ,募金活動や啓発資料の配布を行いました。

ダメ。ゼッタイ。

○ 実施日時

平成29年6月25日(日曜日) 14時~15時30分

○ 実施場所

ゆめタウン廿日市(廿日市市下平良二丁目2番1号)

※ 開会式・閉会式は,ゆめタウン廿日市 食品館入口付近で行いました。

○ 参加者(110名)

ヤングボランティア(山陽女学園高等部,廿日市西高等学校,宮島工業高等学校,日本赤十字広島看護大学),薬物乱用防止指導員(広島県薬物乱用防止指導員広島地区協議会),廿日市ライオンズクラブ,宮島口ライオンズクラブ,広島廿日市ロータリークラブ,廿日市市薬剤師会,廿日市警察署など

○ 活動内容

薬物乱用防止の啓発資料の配布
「ダメ。ゼッタイ。」国連支援募金(開発途上国で薬物乱用防止活動を行っている民間団体の支援に使われます。)

○ 実施機関

広島県薬物乱用防止指導員広島地区協議会,広島県西部保健所

ご協力ありがとうございました。

【活動の様子】

横断幕の掲示と募金活動

県政ピックアップ