ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

広島県公共施設等マネジメント方策

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年3月30日更新

広島県公共施設等マネジメント方策

 広島県が保有または管理する公共施設等全体の最適化を図り,全庁的な共通認識の下で取組を進めるため,「広島県公共施設等マネジメント方策」を策定(平成26年12月)しました。
広島県庁本館

庁舎総合管理方針

 広島県公共施設等マネジメント方策(平成26年12月策定)に基づき,現状の組織をベースに10年先を見据えた庁舎に係る施設総量の最適化及び耐震性の確保と長寿命化について,具体的な取組や目標を定めた個別施設計画として,「庁舎総合管理方針」を策定(平成28年3月)しました。

県営住宅再編5箇年計画(第2次)

 誰もが暮らしやすい住環境の実現に向けて住宅に困窮する低所得者の安心した暮らしを確保するため,平成28年度から平成32年度までの県営住宅の供給方針を定めた「県営住宅再編5箇年計画(第2次)」を策定(平成28年3月)しました。
 本計画は「社会資本未来プラン」の社会資本マネジメント方針に沿って定めるとともに,「広島県公共施設等マネジメント方策」の個別施設計画としても位置付けています。

警察施設整備方針

 広島県公共施設等マネジメント方策(平成26年12月策定)に基づき,現状の組織をベースに10年先を見据えた警察施設に係る最適化,耐震化及び長寿命化について,取組を定めた個別施設計画として,「警察施設整備方針」を策定(平成29年3月)しました。

このページに関連する情報

Adobe Readerダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

県政ピックアップ