ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地トップページ > 組織でさがす > 財産管理課 > 平成25年度施設管理業務委託契約に係る留意事項について

平成25年度施設管理業務委託契約に係る留意事項について

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年1月4日更新

変更項目

1 長期継続契約の契約年数について

2 共通仕様書のホームページへの掲載について

3 入札参加資格(清掃,給水設備保守点検,排水設備保守点検など)について

1 長期継続契約の契約年数について

 県の施設管理業務委託に係る長期継続契約の標準契約年数を,2年から原則3年に変更しました。(機械警備業務は5年)

 発注業務によって,単年,2年及び3年契約が混在することとなりますので,契約年数をよく確認して,入札書に記載する金額に誤りがないよう注意してください。

 

2 共通仕様書のホームページへの掲載について

 施設管理業務委託に係る各業務の共通仕様書をホームページに掲載しました。
 各業務の入札説明書への添付は省略しますので,ホームページで確認してください。

3 入札参加資格について

 適切な履行を確保するため,各業務の入札参加資格及び入札参加申請書に添付する書類を一部変更しています。

○ 主な変更点(建築物における衛生的環境の確保に関する事業の登録について)

 特定建築物(建築物における衛生的環境の確保に関する法律 第2条第1項に規定する特定建築物)である県の施設が発注する清掃業務や給水設備保守点検や排水設備保守点検などについて,入札参加資格要件を次のとおり変更しています。

変更前

変更後

建築物衛生法第12条の2第1項の各号の該当業務若しくは同項第8号(建築物衛生総合管理業)の登録を受けている者であること。

建築物衛生法第12条の2第1項の各号の該当業務若しくは同項第8号(建築物衛生総合管理業)の広島県知事(広島県内市町の長を含む)登録を受けている者であること。

 

※ その他,前回と同じ業務であっても,資格要件や提出書類が変更になっている場合がありますので,公告及び入札説明書をよく確認して手続を行ってください。


県政ピックアップ