ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地トップページ > 組織でさがす > 福利課 > 【慶弔・災害・休業給付】 休業(傷病)

【慶弔・災害・休業給付】 休業(傷病)

印刷用ページを表示する 掲載日:2013年4月1日更新

休業(傷病)

傷病手当金・傷病手当金共済福利課給付G 内線2262、2263

組合員が公務や通勤によらない病気やケガのため勤務できなくなり、給料の全部又は一部が支給されないときには、共済組合に請求することにより傷病手当金及び傷病手当金附加金として標準報酬日額×2/3で算出した額が支給されます。
 また、引き続き1年以上組合員であった方が退職した場合、在職中に傷病手当金を受けているか、若しくは受けられる状況にあったときには、退職後も傷病手当金が支給されます。(傷病手当金附加金は支給されません。)

請求書(エクセルシートの表面・裏面を両面コピーで印刷してください。) 

傷病 図

 なお,病気やケガの症状によっては障害共済年金の支給要件に該当する場合があるので福利課年金Gまで相談してください。(公務や通勤による病気やケガも含みます。)

休業見舞金互助会 福利課給付G 内線2262、2263

  会員が療養(公務又は通勤による場合を除く)のため勤務できなくなり、給料が減額されて3か月経過後、互助会に請求することにより,100,000円が支給されます。休職発令の辞令の写を添付してください。

請求書

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。


県政ピックアップ