ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地トップページ > 組織でさがす > 福利課 > 【慶弔・災害・休業給付】 死亡

【慶弔・災害・休業給付】 死亡

印刷用ページを表示する 掲載日:2013年4月1日更新

慶弔・災害・休業給付

死亡

埋葬料及び家族埋葬料共済  福利課給付G  内線2262、2263

  組合員が公務によらないで死亡したときには、共済組合に請求することにより、埋葬料として一律50,000円が埋葬を行う被扶養者に支給されます。(被扶養者がない場合は、実際に埋葬を行った方に支給されます。)
  また、被扶養者が死亡したときには、家族埋葬料として一律50,000円が支給されます。

請求書 

死亡弔慰金 互助会  福利課給付G  内線2262、2263

会員又は会員の配偶者が死亡したときには、互助会に請求することにより次の額が支給されます。

請求書

区分

支給額

(1) 会員の死亡100,000円
(2) 配偶者の死亡30,000円

遺児育英資金互助会 福利課給付G  内線2262、2263

 会員が死亡した場合に、義務教育修了前の遺児又は高等学校等に在学する18歳未満の遺児があるときは、互助会に請求することにより遺児1人につき100,000円が支給されます。

 請求書 

弔慰金及び家族弔慰金 共済  福利課給付G  内線2262、2263

 組合員が水震火災等により死亡したときには、共済組合に請求することにより弔慰金として標準報酬月額で算出した額が遺族に支給されます。
 また、被扶養者が死亡したときには、家族弔慰金として標準報酬月額×0.7で算出した額が組合員に支給されます。

 請求書 

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。


県政ピックアップ