ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地トップページ > 分類でさがす > まちづくり・地域振興 > 道路・河川・砂防・海岸 > 砂防 > 広島市の土砂災害警戒区域等の解除及び指定について

広島市の土砂災害警戒区域等の解除及び指定について

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年2月12日更新
・ 土砂災害防止法に基づき,広島市安佐北区可部小学校区,飯室小学校区の42区域を平成28年2月12日付けで土砂災害警戒区域・特別警戒区域に指定しました。
土砂災害防止法に基づき,平成22年広島県告示第280号で指定した廿日市市上平良の1区域について,地形改変のため,当該急傾斜地の土砂災害警戒区域等の一部について解除及び指定しました。
・ 土砂災害防止法に基づき,平成26年広島県告示第815号で指定した廿日市市宮内の1区域について,対策施設の一部が完成したため,当該急傾斜地の土砂災害特別警戒区域等の一部について解除及び指定しました。
○解除及び指定区域

区域の名称

所在地

自然現象の種類

上平良J(811,1712)

広島県廿日市市上平良

急傾斜地の崩壊

北山A(1705)

広島県廿日市市宮内4丁目

 土砂災害防止法に基づく指定については,順次県内全域において,土砂災害の発生のおそれがある区域や,防災上の配慮を要する方が利用される施設を含む地域等を対象に指定を進めております。この指定は,警戒避難体制の整備促進や建築物の構造規制等によって,土砂災害から住民の生命・身体を守ろうとするものです。
 今後も引き続き県内全域で土砂災害の発生のおそれがある区域や,防災上の配慮を要する方が利用される施設を含む地域等を対象に指定を進め,地域防災力の向上を目指します。

 土石流の土砂災害特別警戒区域については,平成27年4月に指定基準の見直しを行いました。新しい基準に基づき,順次再調査を行って土砂災害特別警戒区域の指定を行っています。
・ 再調査の結果,広島市佐伯区五月丘小学校区の10区域について,土砂災害警戒区域等を平成28年2月12日付けで解除及び指定しました。
太文字が今回更新した情報です。

平成28年2月12日現在の指定状況

※添付の資料はページ下部の【ダウンロード】からご覧いただくことができます。

市町毎の指定区域一覧
市町名区域数市町名区域数市町名区域数
広島市2,332府中市 519安芸高田市 8
呉市1,909三次市884江田島市64
竹原市1,074庄原市1,193安芸太田町789
三原市392大竹市

456

 北広島町

420

尾道市840東広島市1,027世羅町625
福山市1,329廿日市市 436合計(14市3町)14,297

太文字が今回更新した情報です。
○土砂災害防止法の概要については,ページ下部の【関連情報】「土砂災害防止法に基づく警戒区域等の指定について」をご覧下さい。

  今回の指定の内容は,担当の広島県建設事務所(支所),及び指定箇所の市役所または役場に区域図等を備え置いています。
  また,広島県ホームページ「広島県防災Web」内の「土砂災害ポータルひろしま」で公開しています。(区域図のホームページ搭載は,若干遅れが生ずる事があります。 

 

関連情報

ダウンロード 


県政ピックアップ