ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

「土砂災害警戒情報」・「土砂災害危険度情報」について

印刷用ページを表示する掲載日2015年6月26日

土砂災害警戒情報

土砂災害警戒情報とは  

 土砂災害警戒情報は,当該地域における過去の降雨と土砂災害発生の関係を統計的に分析することにより,大雨による土砂災害発生の危険度が高まったときに発表される情報です。
 この情報は,市町長が防災活動や住民等への避難勧告等の対応を適時適切に行えるように支援するとともに,住民自らの避難の判断等にも参考となるよう,広島県と広島地方気象台により共同で発表されます。
 土砂災害警戒情報が発表されていない場合でも,気象や雨量の情報など防災情報の収集につとめていただくとともに,斜面の状況等には常に注意を払い,早めの避難に心がけてください。また,市町や消防団から避難等の指示があれば,これにしたがってください。

土砂災害警戒情報のしくみグラフ

  土砂災害警戒情報の発表基準を過去の災害発生・非発生時の雨量データをもとに,地域ごとに設定しています。設定に当たって,土砂災害は,地中にたくさんの雨が貯まったところに強い雨が降ると,発生しやすくなるという特徴があることが考慮されています。
 土砂災害警戒情報の発表は,住民等の避難に要する時間を考慮して,おおむね2時間後に発表基準線を超えると予測される場合に,土砂災害警戒情報を発表します。 

 

 

 

 

土砂災害危険度情報

土砂災害危険度情報とは

 土砂災害警戒情報を補足する情報として,より詳細な5kmメッシュ情報を県内地形図に重ね合わせ提供する情報です。広島県では,6段階で危険度レベルを色分け表示しています。

画面イメージ
        広島県土砂災害危険度情報画面例

土砂災害危険度情報の確認方法

 1.インターネットで確認する
    
広島県土砂災害危険度情報外部リンク」で確認できます。

 2.テレビで確認する
    
NHK広島総合テレビのデータ放送で確認できます。
     「防災・生活情報」⇒「土砂災害危険度情報」 

     【関連情報】
        ・地上デジタル放送による土砂災害危険度情報の提供 (PDFファイル)(1.55MB)
        ・NHK広島放送局へのリンク外部リンク

Adobe Reader外部リンク

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

おすすめコンテンツ

この記事をシェアする