ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地トップページ > 組織でさがす > 砂防課・土砂法指定推進担当 > 「8.20土砂災害 砂防・治山に関する施設整備計画」 特定緊急砂防事業等の進捗状況について【砂防課】

「8.20土砂災害 砂防・治山に関する施設整備計画」 特定緊急砂防事業等の進捗状況について【砂防課】

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年7月14日更新
 平成26年8月20日の被災地域における砂防ダムなどの防災施設整備については,平成26年12月に策定・公表した「8.20土砂災害 砂防・治山に関する施設整備計画」に基づき,計画的に事業を進めており,平成29年5月に国及び県が実施する57箇所全ての緊急事業が完了しています。
 引き続き,緊急事業と一体的に実施する事業や通常事業の工事を進めています。

整備計画の進捗状況

整備計画の事業箇所

 県が緊急事業を実施した箇所のうち,さらに地域の安全性を高める必要のある箇所においては,特定緊急砂防事業等により砂防ダムの追加設置,堆積工,渓流保全工及び法枠工などの工事を進めています。

8.20土砂災害 砂防・治山に関する施設整備計画(単位:箇所)

対応主体事 業 名整備対象箇所

うち完成箇所

広島県(砂防課)

特定緊急砂防事業

急傾斜地崩壊対策事業(災関フォロー事業)

広島県が実施する特定緊急砂防事業等の進捗状況について

 県が地域の安全性を高めるため,緊急事業と一体的に実施している事業のうち4箇所(砂防2箇所,急傾斜2箇所)が完成しました。

問い合わせ先

砂防課
砂防整備グループ・急傾斜整備グループ
〒730-8511 広島市中区基町10番52号
電話:(082)513-3943 Fax:(082)223-2443

Adobe Readerダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

県政ピックアップ