ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

不正軽油に関する罰則

印刷用ページを表示する掲載日2016年1月1日

不正軽油に関わる全ての人が罰則の対象となります。平成23年6月30日に地方税法が改正され、罰則がより厳しくなりました。

軽油引取税を脱税したら

軽油引取税を脱税したら,10年以下の懲役又は1,000万円以下の罰金が科されます。
なお,脱税額が1,000万円を超える場合は,脱税額相当の罰金が科されます。

不正軽油を製造したら

製造の承認を受けないで軽油を製造したら,10年以下の懲役若しくは1,000万円以下の罰金,または併科されます。
さらに製造した法人には,3億円以下の罰金が科されます。

不正軽油製造業者へ原材料などを提供したら

不正軽油に使われることを知って原材料(重油・灯油・薬品など)や土地・建物・施設などを提供した者は,7年以下の懲役若しくは700万円以下の罰金,または併科されます。さらに提供した法人には,2億円以下の罰金が科されます。

不正軽油の運搬,保管,取得,媒介,あっせんしたら

不正軽油と知って運搬,保管,取得(有償,無償を問わず),媒介,あっせんしたら,3年以下の懲役若しくは300万円以下の罰金,または併科されます。さらに運搬などをした法人には,1億円以下の罰金が科されます。

検査を拒否したら

帳簿書類などの調査や採油,質問などを拒否したら,1年以下の懲役又は50万円以下の罰金が科されます。

委託を受けて不正軽油を製造したら

委託を受けて不正軽油を製造した者は,委託者とともに軽油引取税を納付する義務を負います。

不正軽油製造施設を貸し付けたら

不正軽油を製造した施設・設備(車両など移動設備を含む。)を貸し付けた者は,製造者とともに軽油引取税を納付する義務を負います。

関連情報

おすすめコンテンツ

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする