ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホットライン教育ひろしま > 広島県こども夢基金 > 広島県こども夢基金平成26年度第1回助成事業

広島県こども夢基金平成26年度第1回助成事業

第1回の事業助成は,次の6団体に509,686円を交付決定しました。

「活動の名称」の太字をクリックすると活動報告を表示します。

No

団体等名

活動の名称

活動の目的及び概要

1福山ひなた教室福山ひなた教室 コミュニケーションや対人関係に困難さを抱える児童を対象に,子どもの対人関係の向上を目的としたソーシャルスキルトレーニングの活動をしている大学生等が,仲間とのより体験的な関係作りや今後への活動の動機づけとして参加児童とクッキングを実施する。
 講師に管理栄養士を招き,調理方法や衛生面での指導に加え,仲間と一緒に作って食べることの楽しさや普段食事を作ってくれる保護者への感謝の気持ちなど「食育」についても学んでいく。
2ひじやまサイエンサーズわくわくサイエンスアドベンチャー 乳幼児に身近な「不思議」に関心を持ち,科学を好きになってもらうために,大学生が科学に関する劇や読み聞かせ,体験活動(実験)を実施する。
3HIJIYAMAネイチャーズネイチャーマインドを育てるわくわく自然体験 乳幼児が自然や環境に興味を持ち,自然を大切にするきっかけを作るために,大学生が自然に関する読み聞かせや寸劇,体験活動(ネイチャーゲーム)を実施する。
4子ども達と平和について考えようプロジェクト実行委員会みはら子ども平和親善プロジェクト 毎年ボランティアとしてヒロシマピースキャンプ(以下,「ピースキャンプ」という。)に参加している三原市内の大学生が,地元三原市の子ども達と共に,もっと積極的に原爆被害や戦争について学び,広島県人として今後世界へ平和の発信をしていけるよう事前勉強会を経て,ピースキャンプ及び広島市平和祈念式典へ参加・参列する。また,事後には子ども達の参加報告展示会を実施する。
5プロジェクトJ夏休み体験教室「てとてでおはなししよう」 子どもたちがコミュニケーションの原点である対面する相手への「伝える気持ち,受け取る心」の大切さを認識し,その能力が成長することを目的に,大学生が外部講師を招き,音声言語も手話も使わない他者とのコミュニケーションの方法を全員参加型ワークショップで体験する。
6府中町青年活動団体 志楽蝶公園子どもサミット~公園マップを作ってみよう!!~ 小学生にとって最も身近な遊び場である公園について,「自ら考えて,調べる」ことにより問題解決の力を養い,自分と社会との関わりを学び,郷土への愛着をもってもらうために大学生が「公園サミット」を開催し,理想の公園である「夢公園」について話し合う。その成果は町内公民館等に配付し,発信する。

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。