ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホットライン教育ひろしま > 広島県こども夢基金 > 広島県こども夢基金活動助成事業募集要項

広島県こども夢基金活動助成事業募集要項

広島県こども夢基金活動助成事業募集要項

 公益財団法人ひろしまこども夢財団
広島県教育委員会

 広島県こども夢基金活動助成事業助成金交付要綱(以下「要綱」という。)の規定に基づき,子どもの体験活動及び若者のチャレンジへの支援を目的として,次のとおり募集する。

1 対象

 項目2に掲げる活動を企画・実施する,広島県に居住又は通学している若者(中学生,高校生及び大学生等)の団体又は個人(以下「団体等」と言う。)

2 対象となる活動

子どもに夢を与え,体験を促す活動

3 対象外とする活動

前記の活動であっても,次のいずれかに該当する活動は,対象外とする。

・営利を目的とする活動
・政治活動又は宗教活動を目的とする活動
・教育課程の中で行われる活動
・県や県の関係団体が実施・共催する活動
・県や県の関係団体から補助金を受ける活動
・年度内に,既に広島県こども夢基金から助成を受けた団体等の活動

4 申請の要件

助成金の申請にあたっては,次に定める項目の実施を要件とする。

・講師,指導者,ボランティア,団体等又は共催団体の構成員及び参加者全員を対象とするレクリエーション保険等への加入
・会場の下見
・連絡体制の整備・関係機関等との連携
・上記のほか,活動内容に応じた安全対策

5 助成金交付申請額

 助成金交付申請額(以下「申請額」という。)は,項目8の「助成の対象となる経費及び対象外となる経費」に基づき算出した額から寄附金その他の収入額を控除した額と項目6に定める助成金の限度額とを比較し,少ない方の額とする。

6 助成額

この助成金の限度額は,1団体等につき10万円以内とし,年間で概ね10団体等以内を助成対象とする。

7 助成金の交付

 助成金は,交付決定後,概算払により交付する。
 助成金の額の確定は,項目12に定める報告後に行うこととし,過払金が生じた場合はその額を本財団へ返還しなければならない。

8 助成の対象となる経費及び対象外となる経費

 報償費,旅費,消耗品費,役務費,使用料及び賃借料とし,詳細については,別紙1のとおりとする。

9 必要書類及び応募方法

 要綱別記様式第1号(以下「申請書」という。)に必要事項を記入の上,項目4に定める要件を満たすことを確認する別紙2「安全管理対策について」を添えて,項目15に記載する問合せ先のいずれかに,持参又は郵送する。
 団体等の構成員がすべて高校生以下の場合は,助成金の受領・管理等を行う20歳以上の助成金管理者を指定し,別紙3「助成金管理者の指定について」を申請書に添えて提出しなければならない。

10 募集締切り

第1回 5月31日必着 (対象となる活動期間:申請年の7月1日から翌年3月31日まで)
第2回  9月30日必着 (対象となる活動期間:申請年の11月1日から翌年6月30日まで)

11  審査結果

 結果については,提出された書類を基に内容を審査し,募集締切後30日以内に,団体等へ結果を通知する。

12  報告の義務

 活動終了後,30日以内に,要綱別記様式第5号(完了報告書),領収書などの「支出証拠書類」及び活動の様子が分かる写真(ホームページ等で公表してよいもの)等を一緒に提出しなければならない。
 なお,活動の取材に伺うことがある。

13 活動の公表

 助成金を交付決定した団体等の活動概要及び活動報告は,公益財団法人ひろしまこども夢財団及び広島県教育委員会のホームページ等で公表する。

14 連携機関への相談

 この事業の対象となる活動の企画・実施等にあたり,指導・助言等が必要な場合は,この事業の連携団体である広島県教育委員会生涯学習課へ相談することができる。

 問合せ先
 広島県教育委員会 生涯学習課
 電話 082-513-5012
 E-mail gakusyu@pref.hiroshima.lg.jp

15 問合せ先

 (申請書提出先)

〒730-8511
広島市中区基町10-52広島県庁内 公益財団法人ひろしまこども夢財団
電話 082-511-9789

〒730-8514
広島市中区基町9-42 広島県教育委員会生涯学習課
電話 082-513-5012

別紙1

対象となる経費及び対象外となる経費

対象となる経費及び対象外となる経費

対象となる経費

対象外となる経費

報償費

・講師,指導者への謝金
 ※1時間あたりの単価は次の額を参考に設定すること。
 大学教授 5,000円程度
 大学准教授 4,000円程度
 その他 2,500円程度
 ※大学教授又は准教授以外の者に2,500円程度を超える単価で謝金を支払う場合,申請書を提出する前に当財団に相談すること。

・講師,指導者への謝金のうち左の額を超える額
・ボランティアに対する謝金
・団体等又は共催団体の構成員(以下「構成員等」という。)に対する謝金
・菓子折や図書券など物品や金券による謝礼

旅費

・講師,指導者,ボランティアの交通費及び宿泊費
・構成員の下見の際の交通費
・構成員の活動当日の交通費及び宿泊費

・参加する子どもたち(以下「参加者」という。)に対する交通費及び宿泊費
・交通費のうち,公共交通機関使用の場合のグリーン車等電車運賃や航空機等の特別料金
・宿泊費のうち飲食代
・海外からの渡航費
・構成員の事前準備・研修・反省会に必要な交通費及び宿泊費

消耗品費

・参加者一人あたり500円以内の材料費及び食材購入費
・チラシや募集案内等の印刷費
・助成事業に必要な用紙代,文房具代,書籍購入費(読み聞かせ用の絵本を含む。),インク・トナー代,コピー代
・提出用報告書に係る写真代(現像・プリント代等 )
・助成事業に必要な物品の購入費

・参加者の材料費及び食材購入費のうち左の上限を超える額
・構成員等の事務所や家で恒常的に使う物品の購入費
【例】パソコン,プリンター,スキャナー,デジタルカメラ,モバイル端末,映像・音楽プレイヤー,机,椅子,ロッカー等
・食糧費(調理等を行う活動の食材購入費を除く)
・参加者への表彰経費,記念品代
・文房具のうち参加者が持参できるものの購入費

役務費

・募集チラシ,参加者への案内等の送料
・活動に必要な物品の搬送料
・講師,指導者,ボランティア,構成員等及び参加者の保険料

・通信料
・構成員等への案内や連絡に係る送料

使用料及び賃借料

・会場使用料
・構成員等の活動場所への入場(館)料
・構成員等が使用する物品の借上げ料
・資材等の運搬や構成員等が活動場所へ移動するためのレンタカー借料
・機材レンタル料
・借用衣類のクリーニング代

・参加者の活動場所への入場(館)料
・参加者が使用する物品の借上げ料
・活動期間を越える使用に係る機器リース費用
・参加者の移動に伴うバスの借料
・事前準備,研修,反省会等で利用する施設等の使用料

記入例

アドビリーダーPDF形式文書(アクロバットリーダーが必要です)
申請書 (PDFファイル)(298KB)
別紙2 安全管理対策について(記入例) (PDFファイル)(123KB)

Adobe Readerダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。