ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

広島県こども夢基金平成27年度第2回活動報告

赤はなさんと遊ぼう!プロジェクト

団体名 にこにこ赤はなーズ

活動日 平成27年12月4日(金),12月11日(金),平成28年2月12日(金),2月24日(水),2月25日(木)

活動場所 広島文教女子大学,広島赤十字・原爆病院

活動内容

・病院で療養中の子ども達に対して,臨床道化師と一緒に遊びや会話による楽しい時間の提供

活動の様子

 綿密な打ち合わせ

 いよいよ病室に道化師登場

みんなで記念撮影

活動の成果

・臨床道化師とのゲームやコミュニケーションにより,子ども達は子どもらしい笑顔を取り戻し,思わず体を動かしながら楽しい時間を過ごしてもらえた。

・子ども達の自己肯定感が上がるような働きかけ(子どもに「できる」という体験をさせる)により,自分に自信を取り戻す経験をさせてあげられた。

・企画から実施まで,構成員で力を合わせて行うことで,活動を形にする過程を体験することができた。また,この活動を通してでないと出会えなかった講師の方々に出会うことができた。

活動を企画・実施するにあたって工夫したことは?

・病院訪問に向けて,事前のワークショップや打合せ,練習を念入りに行った。

・構成員が同じ意識を持って活動に取り組めるように,何度もミーティングや進捗状況の確認を行った。

この活動を終えて・・・

・私達がこの活動を通して学ぶことができたこと,病院訪問を通して体験できたことを,今後も病院や子どもと関わるボランティアに活かしていきたい。

今後,新たに広島県こども夢基金活動助成事業に挑戦する団体等へのアドバイス

・講師の方を招く企画は謝礼が高くなるため,その他の費用を抑える工夫をする必要がある。

この記事をシェアする