ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホットライン教育ひろしま > 「山・海・島」体験活動“ステップアップ事業” > 「山・海・島」体験活動 経費の一部を補助します

「山・海・島」体験活動 経費の一部を補助します

保護者の負担額を増やさず,活動を充実させるために

   集団宿泊活動に係る経費(食費・宿泊費・各種体験活動経費等)は,通常,修学旅行と同様に保護者の負担で賄われています。例えば,2泊3日から3泊4日に1泊伸ばした場合,活動内容にもよりますが,宿泊施設利用で,児童1人当たり約2,000~3,000円の費用がさらに必要となります。

 そのため,広島県教育委員会は,平成25年度から3泊4日の長期宿泊活動を行う小学校について,保護者の負担額を増やすことなく,活動内容を充実させることを目的として,活動に係る経費(体験活動費やバス代等)の一部を補助します。

保護者負担額の比較

 ≪具体の支援策≫(市町教育委員会に,実施のための補助金を交付します。)

  ・宿泊施設等に宿泊する場合の上限   児童1人あたり  4,000円

  ・民泊(民家への宿泊)を取り入れた場合の上限  児童1人あたり 10,000円

 (例)児童数が50名の小学校の場合

  宿泊施設を利用して3泊4日の宿泊活動を行う場合には,その小学校に20万円が交付されます。

  1泊でも民泊を取り入れた場合には,50万円が交付されます。

 ただし,現在1泊2日で宿泊体験活動を行っている学校が,3泊4日で実施するためには,保護者の負担額がいくらか増えることが予想されます。また,広島県教育委員会からの補助は3泊4日実施校に限られますので,2泊3日での実施校は対象になりません。この制度を活用していただくためにも3泊4日での実施に向けて御理解と御協力をお願いします。