ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

ニホンジカ

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年3月31日更新

現状

 ニホンジカは,主に広島市・安芸高田市を中心とした地域と,竹原市を中心とした地域に分布しており,近年,その分布域を徐々に拡大しています。分布拡大に伴い農業被害も増加しており,それにより捕獲数も増加している状況です。さらに,自然植生への影響も懸念されます

 シカ目撃効率H25

図1 平成25年度の狩猟期に目撃されたニホンジカの状況
 (平成25年度出猟カレンダー調査結果より)

 シカ捕獲数&被害額グラフ

図2 ニホンジカの捕獲数と被害金額

第二種特定鳥獣管理計画の概要

 1 計画の目的

 農業被害,捕獲とも増加傾向が見られることから,個体数管理,被害防除対策等の手段を総合的に講じることとしています。

2 計画の期間

 平成27年5月29日~平成29年3月31日

3 対象区域

 島しょ部を除く広島県全域。
 ※宮島地区については,廿日市市が別途計画を策定しています。詳しくはこのページをご覧ください。

4 目標

 (1) 農林業被害を社会的な許容範囲内に抑える。

 (2) 地域個体群を自然環境とバランスの取れた形で安定的に維持する。特に,自然植生への圧力が大きい地域ではその軽減を図る。

  • モニタリング調査に基づき計画を検証し,計画,施策へ反映させる体制を構築することとしています。

5 数の調整に関する事項

 (1) 捕獲目標数 捕獲数8,000頭以上/年(暫定)

 (2) 生息密度の低減を目的とする捕獲対策の推進

  • 狩猟期間を2月末日まで延長(11月15日~翌年2月末日)
  • 県内全域(島しょ部を除く)において,狩猟での捕獲頭数を無制限としています。
     ※法律上は1人1日1頭までと制限されています。
  • 特に,個体数の減に効果のあるメスジカを捕獲するよう推奨しています。
  • 効率的な捕獲を行うため,猟法(くくりわな)禁止区域を除く地域において,イノシシの捕獲等をするためのくくりわなの輪の直径に係る禁止事項を解除しています(輪の直径が12cmを超えるくくりわなの使用を可としています。)

 (3) 年度別事業実施計画に基づく管理施策の展開

  • 生息頭数減少への誘導と管理目標への確実な達成を図るため,毎年,年間計画捕獲数を設定します(平成28年度~)。

 (4) 保護管理の担い手である狩猟者の確保と技術向上

  • 狩猟免許試験の県内各地での開催やその周知,狩猟の社会的役割のPR等によって新規の狩猟免許取得を促進し,狩猟後継者の確保を図っています。 →詳しくはこちら 狩猟免許試験について
  • わな架設講習会,安全狩猟射撃講習会等の開催により,狩猟者の野生鳥獣に関する知識や捕獲技術の向上に努めています。 →詳しくはこちら 狩猟者育成事業の取組み

6 生息地の保護及び整備に関する事項

  • 餌の供給減対策など山林所有者や管理主体等の協力体制を整えることとしています。

7 その他保護管理のために必要な事項

(1) 被害防除対策

  • 集落ぐるみで集落の餌場化の防止,侵入防止柵の設置等の対策の推進
  • 有害鳥獣を寄せ付けない環境整備

 →くわしくは 県農業技術課 〔集落ぐるみで取り組む鳥獣被害防止対策〕

(2) モニタリング等の調査研究の拡充

  • 生息密度調査や,狩猟者のご協力により出猟カレンダー調査などを実施しています。

 →くわしくは 出猟カレンダーについて

(3) 計画の推進体制の整備等

  • 広島県イノシシ・ニホンジカ管理対策協議会の設置

特定計画本文

広島県イノシシ・ニホンジカ管理対策協議会

 県内に生息するイノシシ及びニホンジカ(ただし,島しょ部に生息するニホンジカを除く)による農林産物被害等の軽減を図るとともに,その個体数の適正管理を目指して策定する特定鳥獣保護管理計画について,その計画内容などを検討するため,関係団体,利害関係者,専門家等により構成された協議会を設置しています。

参考になるページ

(工事中)


フッタ

Adobe Readerダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。


ワイルドライフ・マネジメント
鳥獣保護事業計画
特定鳥獣保護管理計画
主要各種の状況
農林水産被害対策

県政ピックアップ