ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

イノシシ

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年3月31日更新

現状

 イノシシは,県内ほぼ全域に生息しています。農作物への被害も鳥獣の中で最も多く,年間数億円の被害が報告されています。捕獲数,被害額とも近年高止まりしている状況です。

 イノシシ目撃効率

図1 平成25年度の狩猟期において目撃されたイノシシの状況
 (平成25年度出猟カレンダー調査結果より)

イノシシ捕獲数&被害金額グラフ

図2 イノシシの捕獲数と被害金額

第二種特定鳥獣管理計画の概要

1 目的

 農業被害の軽減を図るため,捕獲状況や被害状況等を踏まえ,個体数の安定的維持と被害量の軽減を図ることを目的としています。

2 計画の期間

 平成27年5月29日~平成29年3月31日

3 対象区域

 広島県全域

4 目標

 〇個体数の調整による人間活動との軋轢の軽減

 モニタリング調査に基づき計画を検証し,計画,施策へ反映させる体制を構築することとしています。

5 数の調整に関する事項

 (1) 捕獲目標数(参考) 年間22,000頭以上

 (2) 生息密度の低減を目的とする捕獲対策の推進

  • 狩猟期間を2月末日まで延長(11月15日~翌年2月末日)

 (3) わなによる捕獲の推進

  • 農地周辺での加害個体を中心に,わなで集中的に有害捕獲を実施。
  • 効率的な捕獲を行うため,猟法(くくりわな)禁止区域を除く地域において,イノシシの捕獲等をするためのくくりわなの輪の直径に係る禁止事項を解除しています(輪の直径が12cmを超えるくくりわなの使用を可としています。)

 (4) 保護管理の担い手である狩猟者の確保と技術向上

  • 狩猟免許試験の県内各地での開催やその周知,狩猟の社会的役割のPR等によって,新規狩猟免許取得を促進し,狩猟後継者の確保を図っています。 →詳しくはこちら 狩猟免許試験とは
  • わな架設講習会,安全狩猟射撃講習会等の開催により,狩猟者の野生鳥獣に関する知識や捕獲技術の向上に努めています。 →詳しくはこちら 狩猟者育成事業について

6 生息地の保護及び整備に関する事項

  • イノシシを里地から排除するような環境づくり

7 その他保護管理のために必要な事項

(1) 被害防除対策

  • 集落ぐるみで集落の餌場化の防止,侵入防止柵の設置等の対策の推進
  • 有害鳥獣を寄せ付けない環境整備

 →詳しくはこちら 農業技術課 〔集落ぐるみで取り組む鳥獣被害防止対策〕

(2) モニタリング等の調査研究の拡充

  • 狩猟者のご協力により出猟カレンダー調査等を実施しています。

 →詳しくはこちら 出猟カレンダーについて

(3) 計画の推進体制の整備等

特定計画本文

広島県イノシシ・ニホンジカ管理対策協議会

 県内に生息するイノシシ及びニホンジカ(ただし,島しょ部に生息するニホンジカを除く)による農林産物被害等の軽減を図るとともに,その個体数の適正管理を目指して策定する特定鳥獣保護管理計画について,その計画内容などを検討するため,関係団体,利害関係者,専門家等により構成された協議会を設置しています。

参考になるページ

(工事中)


フッタ

Adobe Readerダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。


ワイルドライフ・マネジメント
鳥獣保護事業計画
特定鳥獣保護管理計画
主要各種の状況
農林水産被害対策

県政ピックアップ