ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

4-1 (3)-ア 満足度の高いサービスの提供

印刷用ページを表示する 掲載日:2011年12月1日更新

4実現に向けた推進方策

1 広島県の取り組み

(3)だれもが満足できるサービス・だれもが分かりやすい情報の提供 

ア 満足度の高いサービスの提供

【これまで】 窓口での画一的な対応など,来訪者に対する配慮が十分でないという指摘があります。
【これから】 行政機関のサービスなどが必要に応じて過不足なく受けられるよう,多様できめ細かなサービスの提供に配慮します。

(ア)満足度の高い行政サービスの提供
  • 窓口や電話の応対では,常に行政が県民をお客様とするサービス業であることを基本において,質の高いサービスの提供を心がけます。
  • だれもが最寄りの窓口やパソコンから,究極的には1か所または1回で,申請・届出・支払手続などが行えるワンストップサービスの実現を目指します。
  • 各種書類について,分かりやすく,記入がしやすいよう様式の標準化・簡素化などの見直しを行います。
  • 様々な立場にある人たちの意見や要望を県政の運営に取り入れ,行政サービスに反映できるようパブリックコメント(県民意見募集)に積極的に取り組みます。 
(イ) 多様な利用形態に対応した行政サービスの提供
  • 県民の皆さんに提供する資料は,印刷物と併せてホームページに掲載するなど,できる限り複数の手段を用意するよう努めます。
  • ネットワークを利用して行政サービスを提供する電子県庁の推進に当たっては,だれもが気軽に利用できるよう公衆端末をタッチパネル・音声読み上げ・表示文字拡大などに対応したものとします。
  • 広島県聴覚障害者センターや県立点字図書館などの,字幕入りビデオ,点字図書の充実を図ります。
  • 県立美術館などにおいて,複製品などを用いて,展示品に触ることのできる企画を実施します。
    (ウ)ホスピタリティ(もてなしの心)の醸成
    • ホテル・旅館などの宿泊施設や観光施設,輸送機関など観光産業関係者の接客サービスの向上に努めます。
    • 観光ボランティアの育成と組織化を推進します。