ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

4-1 (1)-イ 利用しやすい施設・建物

印刷用ページを表示する 掲載日:2011年12月1日更新

4実現に向けた推進方策

1 広島県の取り組み

(1)だれもが暮らしやすいまちづくり

イ 利用しやすい施設・建物

【これまで】
 バリアフリーの考え方の浸透に伴い,新設の建築物,公共交通施設などについては,比較的利用しやすさに配慮されたものが増えてきましたが,既存の施設には,不備や改善の余地があるものが多数あります。

【これから】
 ハートビル法や福祉のまちづくり条例などに定める基準への適合を促進し,さらにだれもが安全で快適に利用できる施設・建物やユニバーサルデザイン住宅の普及を図ります。

(ア) 利用しやすい公共施設の整備
  • 県有施設を設計する際には,ユニバーサルデザインの考え方を基本に,利用者の声を個々の設計に反映させていきます。
  • 既存の県有施設については,引き続き未整備部分のバリアフリー化の充実に努めます。
(イ)利用しやすい民間施設の整備
  • 不特定多数の人が利用する施設を設置・管理する事業者に対し,整備の基準を解説した「福祉のまちづくり整備マニュアル」の普及を図ることにより,すべての人が安全かつ容易に利用できるよう施設の整備を促進します。
  • ハートビル法や福祉のまちづくり条例に定める基準に適合する施設の増加を促進するため,ハートビル法及び福祉のまちづくり条例に基づき事業者に対して適切な指導や助言を行います。
(ウ)ユニバーサルデザイン住宅の促進
  • 子育て世代,高齢者,障害のある人に対応し,あるいは障害が生じてもそのまま住み続けられるように,公営住宅のユニバーサルデザイン化を図ります。
(エ)分かりやすい案内表示の整備
  • 公共的な施設や設備の案内表示は,設置場所や表示の方法を工夫します。
  • 国際標準化機構(ISO)が標準化した案内図記号や交通エコロジー・モビリティ財団の一般案内用図記号検討委員会が策定した「標準案内用図記号ガイドライン」に定める案内用図記号の積極的な採用や普及に努めます。
(オ)だれもが働きやすい環境の整備
  • 出入口・仕事場の段差解消,設備・工具の使いやすさ向上や省力化,休憩室の設置などだれにとっても働きやすい作業環境の整備や作業方法の改善,疲労回復施設の確保などを促進します。

関連情報