ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地トップページ > 組織でさがす > 経営革新課 > 3 政府系金融機関による低利融資制度

3 政府系金融機関による低利融資制度

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年5月11日更新

新事業活動促進資金 

1 対象者

       経営革新計画の承認を受けた中小企業者及び組合等

2  支援内容

        本貸付制度は,中小企業の新たな事業活動の促進に関する法律に基づく「経営革新計画」
        に従って行う事業に必要な設備資金,(長期)運転資金について下記の要件に従って融資
        を行う制度です。

 (1)貸付利率
        【中小企業事業】 特別利率〔3〕:2.7億円を限度(土地に係る資金〈基準金利〉を除く。) 
        ・2.7億円超は基準金利 
        ・貸付利率は,信用リスク,融資期間等に応じて所定の利率が適用されます。
    【国民生活事業】 特別利率  C 
      ・土地に係る資金を除く。
          ・ご返済期間,担保の有無などによって異なる利率が適用されます。
(2)貸付限度額
      【中小企業事業】  直接貸付 7.2億円(うち運転資金 2.5億円)
    【国民生活事業】  長期資金 7.2千万円(うち運転資金4.8千万円)
(3)融資期間 
   ○設備資金
        【中小企業事業】  15年以内〈特に必要な場合は20年以内〉(うち据置期間2年以内) 
      【国民生活事業】  15年以内〈特に必要な場合は20年以内〉(うち据置期間2年以内)
   ○運転資金
        【中小企業事業】  5年以内〈特に必要な場合は7年以内〉
                                       (うち据置期間1年以内)〈特に必要な場合は3年以内〉
      【国民生活事業】   5年以内〈特に必要な場合は7年以内〉
                                   (うち据置期間1年以内)〈特に必要な場合は3年以内〉
(4)その他
        【中小企業事業】  直接貸付において一定の条件を満たす場合には,経営責任者の方の
                                      個人保証を免除又は猶予する制度をご利用いただけます。
        【国民生活事業】・担保(不動産,有価証券等)の提供を不要とする融資をご希望の方に
                                      対し,原則として,法人の方は無担保・代表者の方のみの保証,個人
                                      の方は無担保・無保証人での融資をお取り扱いしています。詳細はお
                                      問い合わせください。 

3 備考 

         貸付を受ける場合には,経営革新計画の承認の他に(株)日本政策金融公庫の金融審
       査を受けることが必要です。
         なお,経営革新計画の承認は,貸付を保証するものではありません。また,金利水準は,
       金融情勢により改訂されることがあります。詳しくは,各金融機関にお問い合わせください。

4 お問合せ先 


県政ピックアップ