ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

治山事業

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年8月20日更新

治山事業を実施するには

治山施設の写真とよびかけ文

みなさまの要望からはじまります

治山事業はその名のとおり「山を治める」事業です。
この事業は県民のみなさまの要望を受けることから始まります。お住まいの身近な山林に,崩壊や亀裂などの山くずれがみられるところや,雨が降るたびに山から泥水や土石がたくさん流れてくるような沢がある場合は,市町役場の農林(のうりん)担当または林務(りんむ)担当が窓口ですので,お気軽にご相談ください。

地元の協力が不可欠です

治山事業は,民家裏の山林部で工事をすることが多いため,田畑や宅地の中に工事車両を通す仮設道を設置することがあります。また,騒音や道路通行制限などの影響もあります。
このような問題点をクリアしない限り工事を行うことはできません。
みなさまがお住まいの地域の防災・減災のための工事ですので,何卒ご理解ご協力についてよろしくお願いします。

保安林の指定について

要望を受けてから,実際に採択できるかを検討します。特に治山事業では,「既に保安林に指定されている」か,「今後保安林に指定されることが確実である」ことが確認できなければ事業が実施できませんので,ご留意ください。

このページに関連する情報


治山事業とは
森林整備業務
入札・契約制度
山地災害危険地区
メニュー

県政ピックアップ