ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

平成22年度危機予知訓練(KYT)研修について

印刷用ページを表示する掲載日2011年12月1日

 広島県の地方公務員(常勤)の公務災害・通勤災害は,平成21年度の認定件数で公務災害453件,通勤災害68件,合計521件が発生しています。職員千人当たりでは,公務災害8.5件,通勤災害1.3件が発生しており,いずれも全国平均を上回っています。

 公務災害や通勤災害を未然に防止するためには,各所属において労働安全衛生法に基づき,安全衛生管理体制の整備をはじめ,職員の危険や健康障害を防止するための措置,快適な職場環境の形成のための措置その他の安全衛生対策を講じることが大切です。

 このため,危険に対する感受性を高め,危険を事前に予知し,その対策を講ずることができる能力の向上を図るため,県,市町,一部事務組合等の管理職員や安全衛生担当職員を対象に,「危険予知訓練(KYT)研修」を実施しました。

1 日時

   平成23年2月18日(金曜日) 9時30分~16時30分

2 会場

   中央労働災害防止協会中国四国安全衛生サービスセンター

3 対象者

   県,市町,一部事務組合等の管理職員,安全衛生担当係長等

4 講師

   中央労働災害防止協会中国四国安全衛生サービスセンター 指導員

5 内容

  • 開会
  • ビデオ「危険予知活動のめざすもの」
  • 実技「指差し呼称」
  • ビデオ「健康KYの進め方」・実技「健康問いかけKY」
  • ビデオ「最新KYTの進め方 基礎4R法研修用」・ 実技「KYT基礎4R法」
  • ビデオ「自問自答カードKYT」・実技「自問自答カード1人KYT」
  • 閉会

6  研修風景

 危険予知訓練(KYT)研修 中央労働災害防止協会中国四国安全衛生サービスセンター 所長あいさつ 写真
 中央労働災害防止協会中国四国安全衛生サービスセンター 所長あいさつ

 危険予知訓練(KYT)研修 確認ポイントの唱和 写真
確認ポイントの唱和
危険予知訓練(KYT)研修 基礎4ラウンド法の実技 写真
基礎4ラウンド法の実技

おすすめコンテンツ

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする